2017.11.11

片思いが進展しないのには理由がある

片思いが進展しない

片思いをしている間は、誰もが一生懸命に好きな人との距離を縮めようとします。口下手であっても、自信がなくても、自分なりに期待を持って、距離を詰めようと思うでしょう。

でも、アレコレ努力したのに、好きな相手との関係がほとんど進展しないとき、これ以上どうすればいいのかと、途方に暮れてしまいますよね。
特に、八方手を尽くしたとか、長い片思いになっているという場合、諦めたほうがいいのか……と後ろ向きな発想が思い浮かんでも仕方がありません。

その片思い、可能性があるなら思い続けるべきですが、何が判断基準になるのでしょうか? 片思いが進展しないときに、確認したいポイントを探ってみます。

片思い

 

片思いの判断ポイント①片思いのアプローチ、間違えてない?

片思いのアプローチ

たとえば、好きな人が興味を抱くものを勘違いして、まったく喜ばれないプレゼントを贈ったり、ダイエット中の彼にお菓子を差し入れしたり、車で帰宅するのを知らずに飲みに誘ったりと……見当違いのアプローチをしていないでしょうか?

片思いの彼があなたに悪気はないということを察してくれても、アプローチの本来の目的である「好印象を持ってもらう」「恋心を抱かせる」ことは実現しません。的外れなアプローチを続けることで、敬遠される可能性もありますし。

自分がしていることが、本当に好きな人に「刺さっている」のか、リサーチして得ている情報が間違っていないかを、まず確認しましょう。
その結果、お相手の心を遠ざけるようなことをしていたら、過去の話だとしても正直に謝ったほうが良いといえます。また、たとえば「ダイエット中だと知らないでお菓子をあげちゃって、ゴメンね」という謝罪がきっかけになって、好きな人との仲が今より良くなるかもしれません。

 

片思いの判断ポイント②その片思い、誰かに邪魔されてない?

片思いの恋のライバル
実はライバルがいることに気付いていない……片思いには「あるある」の見落としポイントです。

筆者も、1年近く片思いをした経験がありますが、職場も家も近くはなかったため、彼を好きな女性がほかにいることを知らず、まんまと先を越されて振られてしまいました。勇気を出して告白したのに、「ついこないだ、彼女ができて……」と言われたときの驚きというか、失望というか……まさに唖然としたのです。

そんな風に、好きな人と毎日顔を合わせるような関係性でないなら、彼の職場や近所にライバルがいないか、探ってみると良いでしょう。同僚や行きつけのお店などに意外なライバルが存在するのかもしれません。

また、あなたが片思いしていることを知る女性が、あえて邪魔をしたり、誤った情報を流したりする可能性もないとはいえないので、「こんなにも相手にされないなんて、おかしい」と思う場合は、身近な協力者をこっそり疑うことも必要です。

とはいえ、ひとしきり友人などを疑ってみて、何も出てこないようなら、さっぱりと疑惑を手放すべき。むやみに「片思いが進展しないのは、アンタのせいよ!」などと周囲に文句を言えば、自ら友情を壊すことにもなりかねません。身近な人を見直すなら、極めて慎重になりましょう。

 

片思いの判断ポイント③ほかに結ばれるべき相手がいるのかも……

片思いを諦めて他に結ばれる相手を探す

色々と試行錯誤して、自分の行動や周囲の人も見直しをしたけれど、「なぜ彼との距離が縮まらないのか、わからない」という場合、視点を大きく変えた方が良いかもしれませんよ。
どうにもこうにも仲良くなれないのは、あなたが親密になるべき相手はほかにいる、ということです。ファンタジーな話ですが……恋の神さまに「その人じゃないよ。あなたの彼氏は、こっちにいるんだよ」と言われていると思ってください。

それに、どんなに熱烈な想いを抱いても、1年片思いを続けてどうにもならなかったら、その恋は成就しないと判断するのが賢明です。
諦めるなら、この段階まで来て、自分も納得したうえで、その片思いは諦めるのが良いでしょう。進展しないからといって、強引に仲良くなろうとしても、恋は実らないものです。

とことんやり尽くして、考え尽くしたなら、諦めるにしても気持ちがスッキリするに違いありません。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

 

Photo by,Angelo González