モテにがつがつしているわけではないのになぜかモテる女子っていますよね。さっぱりした見た目で色気も控えめ、そんな彼女たちが意外にも結構ないい男をゲットしていることも。ゆるい雰囲気ながらも男を切らさないゆるモテ女子の実態をまとめました。

 

地顔が怖くない

ゆるモテ女の特徴に、ふんわりしたやわらかい顔つきが挙げられます。特に表情豊かではないのですが、話かけられたらとりあえず笑顔になる、戸惑うとすぐ困った顔になる、など表情に妙な気負いがないのが特徴です。ひとりでいる時の素の表情、地顔が怖い女子が増えているなか、このゆるさは貴重。

「声をかけても冷たくあしらわれないだろう」という安心感はそれだけでも「話しかけてみようかな」というきっかけになることも。

 

メンズが着る服でモテる

モテ服とは「男が絶対着られないアイテム」か「男がよく着るアイテム」のどちらかです。そしてその後者、なんの変哲もないカジュアル服で、うまく女ならではのラインを際立だせるのがゆるモテ女子です。

ラグランT、細身のシャツ、スキニーデニムなど、ユニセックスなのに着ると男女の体つきの差が際立つアイテムを選びます。カジュアルに見えて手首足首鎖骨などの骨を魅せるのが上手いのもポイント。

分かりやすくフェミニンなモテ服を着る女性に対しては、「可愛いけど、媚びてね?」と感じるある意味アンチな男性も出てくるものですが、ゆるモテ女子は天然か策略かわからない妙なエロさを感じさせます。「カジュアルだけどやっぱり女の子だね」という雰囲気は、素材重視の男心にもがっつり刺さるようです。

 

 

自分磨きは素材をよく見せる方向で

女子の間での「女子力高いなあ」という評価とモテはまた別。ネイルなしの整えて磨いただけの爪、ロングヘアの上から無造作に巻いたストールの襟元から後頭部にかけての髪のふくらみなどを「ちょっとスキが見えて可愛い」と評する男は多いもの。これらはあえての「ナチュラル演出」としてゆるモテ女に好評のテクニックです。

華やかな女子を「気合入りすぎ」「金かかりそう」と敬遠する男性は少なくありませんが、同じくらいの手間暇をかけつつ盛る方向には決して行かず、ナチュラルに素材の良さを見せつけるゆるモテ女子は、そんな反感を買うこともないようです。

 

一見ヒマそう

いくら男子がデートに誘いたくとも、女子サイドのスケジュールに空きがなければデートは実現しないし、本当に忙しいとしても何度も断るうちに男子のテンションも下がってしまうもの。仕事や遊びに趣味、はたまた他の男子とのデートなどなど充実している女子はステキですがモテに結びつくとは限りません。

「基本出不精、誘ってくれれば行きます」というスタンスなゆるモテ女子は、スケジュールに余白が多く、その場の流れで男子とごはんアポ、何となくデートっぽい雰囲気に……なんてこともよくあります。忙しそうに見せないことで「ほかの男の影がなさそう」と錯覚させる効果もあるので、ますます誘われやすくなる一面も。

 

 

男に押されると好きになる

ゆるモテ女子は異性に対して「私はこういう人が好き!」という主張が少なく、男子から好意を向けられるとすぐに「私も好きかも?」と乗り気になってしまうタイプです。

好きなタイプは?と聞かれているのに「女の人は好かれるほうが幸せだよね。私も押されるとすぐ好きになっちゃうんだ」など、答えになっていない答えを返すことで「俺でもイケる?」と男子に勘違いさせるのもありがちです。

 

おわりに

こうして見ると「男性の弱気を刺激しない」のがゆるモテ女子の特徴と言えそう。「自分を受け入れてくれそう」と感じさせるだけでモテの裾野は広がるかも?

 

(中野亜希/愛カツライター)

(愛カツ編集部)