日差しも暖かくなって、コートを脱ぎ捨てて、お洒落を楽しみたい季節になってきましたね!

女子目線だとお洒落な子かもしれませんが、男性からは不評だったりするファッションについてまとめてみました。

 

1 露出多すぎ

ミニスカートやホットパンツに生足は、脚が綺麗な人でもよく見ると肌の衰えが気になると不評のようです。

胸元の開いたトップスやヘソ出しルックなども、ギャルっぽい、エレガントさに欠けるという意見が多く聞かれます。

セクシーさは大人の魅力の一つですので、露出に頼らず、自分の魅力を引き出せるようなファッションを心掛けましょう。

 

2 若い子のトレンドに乗り過ぎ

トレンドを取り入れたオシャレを楽しむ気持ちも分かりますが、30歳過ぎた女性がサンダルに靴下を合わせたり、ベレー帽を被っているのは見ていてイタいようです。

大人の女性には流行を追うよりも、自分のスタイルを持っていて欲しいようです。

 

3 フリルやリボン

女性から見ると可愛いリボンやフリルですが、男性の目から見ると子供っぽくってあまり好きでは無いという意見が多いみたいです。

あえて着るなら、ピンクなどのパステルカラーは避けたり、タイトスカートに合うような大人アイテムを探しましょう。

 

4 地味

シンプルなアイテムを着回しているつもりが、いつも黒、白、グレー、ベージュといった色調なため、同じ格好をしているように見える人いませんか。

地味な色だと、老けて見えやすいので、アクセントになるようなアイテムを一つ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

5 ファストファッション

ぺらぺらの生地のワンピースや合皮のライダースジャケットなど、明らかに安物と思われるアイテムを着ているのはイタいと感じるそう。

ある程度年齢がいったら、上質な素材のものを身につけて欲しいそうです。

流行のアイテムをリーズナブルに手に入れることが出来るファストファッションですが、選ぶ時には素材や質感に気を付けましょう。

 

6 自分へのご褒美という名の高額アイテム

家賃より高い靴、月収より高いバッグ、ハイブランドのワンピースなど。イタいとは感じないけれど、若い男性には理解不能のようです。

黙って身に付けているのなら、分からないのに、あえて大声で値段を言っているのが見苦しいそうです。

 

 

おわりに

20代の時から体型は変わっていなくても、同じような服を着ていると、イタい大人と思われているかもしれません。

いくつになってもファッションを楽しむ気持ちは大切ですが、大人の女性にはTPOを弁えたファッションが必要なようです。

 

(阿久津沙良/ライター)

恋愛相談掲示板

綺麗になってモテるにはどうすればいい?どうメイクすればうまくいくのか分からない!

そんな時は、愛カツの恋愛相談掲示板に相談してみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになるかもしれません。

恋愛相談はこちらから