2017.3.31

アラサー女性は、基本的に忙しいです。「毎日、何もすることなくてヒマ……」という人は、逆にちょっとマズいかもしれません。仕事がどんどん面白くなってきたり、真剣に婚活を始めたりと、自然とやることが多くなってくるはずなので。

また、多少の愚痴はあっても、元気に毎日を送れている人は大丈夫! なんだかんだ言って、自分の人生をうまく転がしていると思って良いでしょう。

気を付けるべきは、恋や仕事、人間関係に停滞感や閉塞感を覚えていて、ちょっとしたことにもイライラするとか、やる気が出ないなどという状態。もし、漠然と「うまくいかない感じ」を抱えているなら、本当に自分に必要なことを冷静に見極めたほうが良いかもしれません。

 

すべてのカギを握るのは「恋」

日常の多くのカギを握るのは「人間関係」である……といったら、あなたは反論するでしょうか? 当然ながら、恋愛は一人では成立しないものですし、仕事は周りとの連携や協力が必須。SNSやツイッター、オンラインゲームでも、必ず誰かと言葉を交わしているはずです。

人との繋がりなくしては、安定した日々は実現しない。つまり、人間関係が円滑でないと、何かしらのほころびが現れるのです。

恋愛経験が乏しい、もしくは恋愛に興味がないと公言している人は、社交において独特な感覚を持っていることが少なくありません。人付き合いが得意ではなかったり、会話のキャッチボールがイマイチうまくいかなかったりすることが多いのです。

その要因には、「他者の心情が想像できない。幅広い人間関係のシチュエーションに対応しきれない」ということがあると思います。他人の価値観に触れるのを嫌がる、他人を受け入れられない、いつも決まった人と自分にとって心地良い付き合いをする、といった傾向から、必然的に人間関係が不得手になるのでしょう。

 

恋=困難な人間関係

恋は「喜んで“ままならない人間関係”に飛び込めるシチュエーション」です。

片想いをするなら、好きな人を何とか振り向かせようと必死になりますし、交際中でもケンカや気持ちのすれ違いは多々起きます。
恋愛とは、実はとても厄介で困難なものなのです。自分の想い通りになることのほうが少なく、悩みは尽きません。

けれど、「好き」という恋愛感情があるからこそ、厄介でも悩みが多くても、諦めずに試行錯誤するのでしょう。職場の同僚に対しては絶対にしない努力を、好きな人に対してならできるのです。

そうして、恋をする中で、無意識のうちに他人の心情を汲めるようになり、人間関係を学んでいくことができます。たとえば、彼氏に不躾な発言をして怒りを買ったなら、仕事をする上でも空気の読めない発言はしないはずです。程良い距離感を取り、周囲からサポートしてもらえるような振る舞い方ができるでしょう。

 

二兎を追う者、二兎を得る!

恋愛は、人生における重要なカギ……「人間関係」が学べて、恋人も作れるという、素晴らしいもの!

もし今まで、恋愛に消極的な態度を取っていたり、『彼氏なんていらない』宣言をしていたりするなら、ちょっと損をしていると思ったほうが良いかもしれません。恋をすることで、職場や仲間内に好印象を与えられるようになるならば、ビジネススキルを学ぶより、社交力を伸ばすスクールに通うよりカンタン!

 

おわりに

仕事も人生も何だかうまくいかない……と落ち込むときは、とりあえず恋をしましょう! 好きな人を夢中で追いかける中で、たくさんのヒントを得られるに違いありません。

 

Photo by, Vive La Palestina

(沙木貴咲/ライター)