3回目のデート

「最近いい感じになってる男性がいるんだけど、3回デートしてもキスも告白も無し。しかもそれっきり連絡がないんです。 こっちから連絡しても何故かテンションが低くて。 最初はいいなと思ったのに、3回デートしたら冷めちゃったなんてこと、男性にはあるんでしょうか? 」

3回目のデート

遊びなのか本気なのかわからない

デートして3回というのはキスや告白が起きやすいタイミングで、ちょっと好意を持っていたのに「やっぱり違った」と、判断を覆すことはよくあることだと思います。

たとえば、最近身の回りの男性からよく聞くのが「女性が性的に積極的すぎた」という嘆きですね。

こっちはきちんとおつき合いしようと思って、階段を一歩一歩登ろうと思っているのに、相手からぐいぐい来られて、告白もまだなのにベッドイン。

そうなると、男性は「セックス重視のつきあいなのかな、遊ばれてるのかな?」「ひょっとしたらビッチなのかな?」と不安に思って、つい連絡をしなくなっちゃう。

「肉食女子」とか「狩猟系」とか言ってかっこよさそうに聞こえるけど、いまの若い草食男子の場合はきちんと手順を踏んで、気持ちを温めていくタイプが多いみたいです。

経済的に自立出来ていない女性だとわかった瞬間

まだありますよ。 お金も重要なポイントです。

3回のデートが3回とも男性の全部おごりで、ごちそうさまも言わないであなたがそれを当然と思っていることを感じてしまうと、4回目はないでしょうね。

別にケチとかそういうことではなく、お金を持っている男性でもそうみたいです。 やっぱりお金に関しては、恋愛では常識的な価値観が求められますよね。

結婚観の違いがわかった瞬間

似たようなところだと、専業主婦問題もありますね。

3回目のデートで会話が盛り上がって、二人の結婚観の話になったときに、女性がバシッと「私は専業主婦になりたい」と宣言する。 そうすると、「あ、この女性との恋愛は無理だな」と思う男性は多いものです。

まして低収入の男性の場合だと、現実的に生活していけないと判断してしまう。 もちろん、これは高収入男子であればOKの場合もあるのですが。

自分が専業主婦になりたいとして、収入や結婚観の話題を3回目のデートのまだ恋愛の初期段階に言うか言わないかは、相手の収入次第といえます。

相手の男性の状況を探りながら話したほうがいいと思います。

男関係が疑わしいと感じた瞬間

数回デートしてると、相手の男関係も徐々に分かってきます。 携帯がひっきりなしに鳴ったり、それを指摘するとちょっとキレたり。

そうやって、明らかに他の男の影がちらついたり、前の彼氏を引きずってそうなのを感じると、「好きだけど、面倒なことに巻き込まれるのはごめんだな」とフェイドアウトしてしまうことはよくあります。 最初くらい携帯の電源は切って、目の前のデートに集中するぐらいの気合いが必要ですね。もちろん男性にも言えることですけどね。

 

話が合わないとわかったとき

コミュニケーションの問題も大きいと思います。 3回デートしてるのに、会話のテンポやリズムが合わないと「これは厳しいかな」って思っちゃう。 とくにいつまでたっても打ち解けないで、ポツリポツリとしか話してくれないと、「男性と話すのにものすごく抵抗があるのかな。 これまでろくな交際してないんじゃないかな」と勘ぐってしまいます。

あと、仕事口調が抜けない女性、テキパキとしゃべりすぎる女性も、「この人はオフタイムトークを楽しめない人なのかな」ってがっかりしてしまう。 3回も会えば、話が合うかどうかはわかりますよね。 埋まらない溝も見えてくるかもしれません。

 

3回目のデートまでは常識的な態度で!

大抵の失敗は、自分の出しすぎに起因します。 3回目のデートぐらいまでは、TPOをきちんとわきまえて常識的な態度を心がけましょう。
もちろん、仮面をかぶり続けてもデートが盛り上がらないので難しいところですが。

迷ったら、普段仕事で見せているぐらいの気遣い、コミュニケーション、エチケットを意識するとよいですね!

Let’s control the personal balance.
~どこを基準にバランスを取ったらいいの? 迷ったら”仕事中の対人バランス”を思い出そう。

(潮凪洋介/ライター)

(愛カツ編集部)