2017.4.15

先日、『「女性らしさ」って何? 男性が女性に求めている「らしさ」』というコラムを書きましたが、男性が求める女性らしさとは、清楚さであると述べました。

清楚とは、清潔感があって控えめで上品、表情や発言・立ち居振る舞いに純粋さが漂う状態であり、多くの男性がそんな特徴を持つ女性に心惹かれるのだそうです。

ただ、今どきは控えめであれば良いというわけではなく、いざというときはガンガン前へ出ていける強さも兼ね備えていると良いようです。男性が草食化し、大人しくなっていることを考えると、それも納得できます。

それでも、「清楚さ」はまだまだふんわりとして、具体性がありません。何をどうすれば清楚な女性として、男性から好かれるようになるんでしょうか?

○心が清楚であること

ライトノベル作家でライターの倉田真琴氏は、女性らしさと清楚さについてこう述べます。

「要するに清楚とは、心でしょう。女性が女性らしくあるべきだと願う気持ちのようなものではないでしょうか。それが日常の仕草や言葉の使い方に表れるのです。だから年齢など関係ないのです。見た目が超絶アイドルでも中身がダメだとどうしようもありません」

つまり、若い女性が控えめにしていれば清楚だというわけではなく、アラサーでもアラフォーでも清楚さはアピールできるということです。倉田氏は「熟女と清楚は両立する」とも述べており、おばあさんでも品のある佇まいで清楚な雰囲気を漂わせる人は、確かにいます。真っ白の髪の毛をきれいに整えていて、ちゃんと口紅も差して、昔の映画でしか聞かないような丁寧な言葉遣いで話すおばあさんを、私は何度か見かけたことがあります。ぼんやりと「良いところの奥様って、たぶんああいう女性を言うんだろうな」と思ったものです。

女性として、つねに女性らしくいようとする気持ちがある人は、自然と清楚な空気をまとうようになるのでしょう。

○女子力と清楚さは違う

女性向け雑誌では、たびたび女子力が取り上げられます。婚活を頑張る女性たちの中には、口癖のように「女子力上げていこう!」と、意識を高めている人もいるでしょう。

けれど、男性からすると、「女子力って、なんか違う」んだとか。それはたぶん、女性が可愛いと言う女性が、男性の目には可愛く映らない、という現象に近いはずです。自分磨きを頑張るにしても、そこ頑張ったって男性はうれしくも何ともない……というか。

たとえば、よもぎ蒸しや骨盤矯正、エステ通いも女子力アップにつながる! と考える女性がいるかもしれませんが、それは男性にとって心惹かれるものではなく、清楚さにも直結はしないでしょう。男性が求める「女性らしさ」つまり「清楚さ」は、ともすれば女性には軽んじられる部分なのです。そして、ちょっと頑張ったからといって、容易に身に付くものでもなさそうです。

○姿勢の良さに現れる清楚さ

前述の倉田氏は、女性らしさは姿勢に現れるとも話しています。

「清楚な人は猫背じゃない。背筋がピンとしている人は問答無用で素敵です。日常的に姿勢の正しい人は、家事をこなしている姿も美しいのです」と。

 

その意見には、筆者も同感です。先日、知人から食事会に招待されて、そこで同い年の女性と知り合いました。その人の第一印象は「すがすがしい人」であり、そう感じた一番の理由は姿勢の良さだったのです。お子さんもいる方でしたが、凛とした美しさが漂い、それが倉田さんの言う清楚さと言われれば、確かに納得できます。

身のこなしや座った姿が優雅で上品な女性は、それだけでモテるでしょう。

つねに「女性らしくいよう」と心掛けることが清楚さを生み出すのだとすれば、常日頃から自分の女性性を意識すれば良いのだと思います。女性はこの世に生を受けた瞬間から、ずっと女性ですから、そんなのカンタン……かと思いきや、意外にもこれが難しいのです。

上品に振る舞うのが面倒くさくなるときもありますし、大人しくしてはいられない場面だってあるでしょう。感情が湧き上がるままに行動したい状況もあるはずです。でも、そこをいかにコントロールして、楚々と振る舞うかが大事だといえます。どんな時も、本音や感情を上手に手なずけて、余裕のある顔を見せるのが、女性らしさと清楚さに繋がるようです。

 

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼に好かれるにはどうしたらいいの?付き合っている彼とうまくいかなくて悩んでます…。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから