2017.6.3

「大好きな彼氏は忙しい人でなかなか会えなくて、辛いけど本当に好きです。

別れられなくて切ないです」

そんな女性の声をよく聞きますが、それってそもそも本当に付き合ってるんでしょうか?

ただの都合の良い女にされていないか、ぜひチェックをしてみましょう。

 

1、連絡をしてもなかなか返って来ない

連絡頻度で男性の愛情を測ることはできません。

しかし、あまりにも連絡が返って来ない場合、彼のあなたに対する優先順位は低いといえるでしょう。

お互いにあまり連絡を取っていなくても信頼し合えるカップルであるなら問題ないかもしれませんが、あなたの連絡頻度と彼の連絡頻度に大きな差があるようなら要注意です。

彼女ではなく都合の良い存在だから、と連絡をないがしろにされている可能性があります。

 

2、彼に会うために自分ばかりが労力を費やしている

「彼が忙しいから」という理由で気付いたら毎回自分ばかりが彼の家に出向いている、などあなたばかりが彼に会う為に労力や時間を費やしているのなら注意が必要です。

彼にとってあなたは呼んだら来てくれる、都合の良い女かもしれません。

その場合、「たまにはあなたから会いに来てくれると嬉しいな」「今日は夜遅いから迎えにきてほしいな」と可愛くお願いをしてみて、彼の反応を見てみると良いでしょう。

本当に忙しい男性であれば、時間を作ってくれるだけでも一苦労なのかもしれません。

ただし、そのような男性であれば「せめて交通費は出すよ」など、あなたの労力を思ってある程度の気遣いをみせてくれるでしょう。

 

3、彼の友人や同僚に紹介してもらったことがない

彼との付き合いを重ねていく中で彼にとってそれが真剣な交際であれば、彼の知り合いや友人、同僚などに「この子が僕の彼女です」と紹介されることが殆どです。

逆に彼の知人に全く会わせてもらえなかったり、紹介をされない場合、あなたは彼にとって彼女でない可能性が高いと言えます。

さらに紹介をされる際に「彼女」として紹介されず、「大切な人」など曖昧な紹介をされた場合、自分が彼の彼女であるのかを一度疑ってみたほうが良いでしょう。

 

4、はっきりと「付き合おう」と言われたことがない

付き合い始める際に彼のほうからはっきりと「付き合おう」と言われなかった場合は、付き合っていないと考えたほうが良いでしょう。

頻繁にデートをしていたり、身体の関係があっても、彼の中であなたが「彼女」であるかどうかは定かではありません。

分からない場合は彼に直接「私たちって付き合ってる?」と聞いてみましょう。

そこで彼の言葉が濁るようであれば付き合っていないという判断が正しいでしょう。

 

おわりに

付き合っていない関係だと判明したら、その彼とは肉体関係をもつことをやめましょう。

「私は付き合っていない人とはそういう事はしません」とはっきりと宣言することが重要です。

彼に大切にされていない状態にも関わらず、身体を差し出してしまえばあなた自身が「その程度の価値」に落ちてしまいます。

自分自身を大切にして自分の価値を高めることこそが、良い恋愛をするための秘訣と言えるでしょう。

 

(杉子/ライター)