「わたしの彼はデート中に頻繁に仕事の電話をします。わたしのことがあまり好きじゃないのかな? って、いつも悲しくなります。彼はなぜデート中に仕事の電話をするのでしょうか」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

 

■デート中に仕事の電話をする彼氏、4つのホンネ

デート中に仕事の電話をする彼には、いくつかの事情があります。以下に簡単にご紹介します。

 

(1)良からぬ仕事をしている

たとえば「相手を説得しないとお金を稼げない仕事」をしている彼は、デート中であろうと、風呂に入っていようと、電話がきたら電話に出ます。

極端にヤバそうな例を挙げるなら……怪しい投資話を誰かに持ち掛けているような彼は、お金を出してくれる人のネガティブな感情をまず払拭しないと、お金を出してくれないわけですから、いつだって電話が来たら電話に出ます。そもそも「電話をかけても出ない」と相手に思われたら、ネガティブな感情にネガティブを上塗りするようなものですからね。

あるいは、面倒見がいいことをお客さんにアピールしないと稼げない仕事の彼も、いつでも電話に出ます。

そういう職業についている男子は、いつの時代にも一定数います。そしてそういう人は、今の仕事がダメになったら、次の仕事もまた、「いつでも電話に出ないと客を取りこぼす」仕事に就きます。

 

(2)要領が悪い

仕事の要領の悪い男子は、デート中であってもトイレで用を足していても、電話に出ます。

たとえば広告の制作会社でイベントをまるごと請け負っている彼は、デート中であっても電話に出ると言います。

大手広告代理店から、イベント1つをまるまる受注したら大変です。仕事をくれている代理店の担当者から朝に晩にと電話がかかってきます。仕事をお願いしているイベントブースを設営する会社の担当者から、「あれはどうなった? これはどうする? この前お願いした件は、いつ代理店から返事が来る? すぐに答えをもらわないと現場の職人を遊ばせることになって、人件費の見積もりが変わってくるけど」と、せっつかれます。

が、要領のいい人は、居留守を使って、電話に出ません。

 

(3)じつは金策に忙しい

会社が倒産しそうなときって、いつでも電話に出るのが男です。

知り合いに電話をかけて、出てくれなかった。コールバックが来た。電話に出ます。取引先や同業者と「どの会社が明日潰れる、うちはまだ大丈夫、でも今月の売り上げを水増ししたいから、ちょっと伝票の操作に協力してほしい」「無理です」「いや、そこをなんとか」という会話を、デート中であってもしないと、デート代が捻出できません。

 

(4)仕事相手=浮気相手

彼の仕事相手は男とは限りません。女性かもしれません。仕事相手と浮気している男子は、サービス精神旺盛な自分をアピールします。

「今? デート中だけど大丈夫だよ! あ、あの書類? 急ぐの? そしたら今からスマホから送るから! 彼女? 待たせておくといいよ。君と明日エッチできるから、今日は彼女とエッチしないから大丈夫」とか、なんとか言っているのです。

 

おわりに

いかがでしょうか。

デート中に仕事の電話に出る彼とは、要するに「自分のことでいっぱいいっぱい」な男子のことです。
別れちゃえば?

 

(ひとみしょう/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼をどうやってデートに誘えばいいか分からない、デートで彼に気に入ってもらうにはどうしたらいい?

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから