ディナーよりもランチの方が軽いと考えている女性も多いようです。

しかしながら、2人で食事をするという意味では同じかそれ以上の意味を持つことがあります。

 

落ち着いて話せる空間を作ってくれているか

ディナーは個室、カップルシートなどといろいろ計画する男性は多いです。

一方、ランチは適当に済まそうとする男性もいます。

だからこそ、ランチで彼があなたとのデートをどういう場所でしようと考えて行動してくれているのかをしっかりとチェックしましょう。

彼のあなたへの恋の温度感を測ることができます。モテる男性ほどランチタイムでデザートの美味しいところをあえて選ぶなど女性に対するケアを怠らないものです。

 

会話を楽しむことができるか

ランチはディナーに比べて会話の要素が非常に高くなります。明るいお店で開放的な雰囲気で素の会話ができやすくなります。

信頼関係を深めるチャンスであるとともに、彼の素を垣間見れるチャンスでもあります。

スマフォをいじり始めたり、会話が実はあまり続かなかったりという彼とあなたとの相性についても見極めることが実はランチではしやすいです。

 

金銭感覚は合っているか

生活水準は職業含めて彼とあなたで異なることが多いでしょう。

一方で、金銭感覚はある程度合わないとストレスになってしまうことも多いです。

ランチにどの程度のお金をかけるのかは1つの有益な判断材料になります。

5000円以上かけても良いと考えている方や、絶対1000円未満に抑えたいという方もいます。

金銭感覚についても、彼とあなたでのズレや違和感が無いか、まずはランチを最初の判断材料にしてみましょう。

食事は一生続きますから、そこでの感覚のずれは後々の関係にも根深く影響していきますので早めにズレがある場合はすり合わせをしておきましょう。

 

おわりに

ディナーは雰囲気や照明の力、コース料理など含め長く楽しむことができる場と空間の力を借りることができます。

一方、ランチは直球のコミュニケーションが重視されますので、ランチも気を抜かずに臨みましょう。

 

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)