2017.5.11

婚活で気をつけておきたい3つのタブーについて今回はお伝えします。

 

タブー1:収入の話しをしない

あなたの収入、仕事を続けるつもりがあるのかどうかなどの話題を出さない婚活は避けましょう。後々必ずすり合わせをすることになりますので、それまでに費やした時間がすべて無駄になってしまうリスクがあります。

初めから現実的なお話をしっかりとぶつけあっていくことが婚活における信頼関係の構築の仕方としてはとても大切です。後から「そんなつもりではなかった」となり、それまでの表面的な信頼関係が一気に壊れてしまうのが一番最悪です。

 

タブー2:子育ての話しをしない

年齢によっては高齢出産などお子様をそもそも作るのかどうかで話し合いが必要な場合があります。

また、子育ての環境や地域、学校についての考え方も異なる可能性が高い話題となります。

こういった「異なる可能性が高い」部分に、婚活ではむしろ積極的にメスを入れておくことがとても大切です。ゴールを意識した活動となりますので、道草を食わないようにストレートな会話を心がけましょう。

 

タブー3:相手の希望を聞かない

婚活は恋愛よりも双方向の意識を強く持つ必要があります。あなたの想いを伝えることもとても大切ですが、まずは、相手の希望にしっかりと耳を傾けましょう。

あなたの要望を100%叶えてくれる婚活のお相手が見つかる可能性はほぼ0に近いと思います。

ですから、お相手の希望について、あなたがどの程度ストレス無く叶えることができるのか、そういう心づもりで婚活を進めていくことがとても大切です。

自分本位でしか婚活を進められない方はそもそも結婚をするのかどうか人生の選択肢として再度見直してみる時間も取りましょう。

 

おわりに

恋愛と違って婚活は相手も人柄や今後の生活といった現実的な視点であなたを見てきます。誤解されてしまわないように今回の注意点を意識してみましょう。

お坊さん  恋愛コーチ さとちゃん 合掌

 

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)