2017.5.18

最近の出会いの場って、マッチングアプリや街コン、婚活パーティ等いろいろありますよね。で、どこでも絶対に必要になるのが「プロフィール」。みなさんはプロフィールにどんなことを書いているんでしょうか。

考えるのが面倒で適当に無難な事を書いてしまう、なんて人も多いのではないですか?でも実は、婚活ではプロフィールが一番重要といっても過言ではないのです! 今回はその理由と、プロフィールを書くときのポイントをお伝えしていきますね。

 

自己プロモーションだと思うべし

テレビCMや街中の広告、スーパーの陳列棚を思い出してみてください。世の中に沢山溢れる商品の中でも、売れている商品には必ずといって良いほど印象に残るキャッチコピーが添えられているはずです。商品のキャッチコピーを変えるだけで売り上げに直結するなんて話もよく聞きますよね。

実は婚活も同じで、登録者や参加者が沢山いる出会いの場で無難なプロフィールを書いていても他の女性に埋もれてしまいます。なのでプロフィールは自分を売り込む広告だと思って書く意識をつけましょう。

 

 

自己アピールを意識

プロフィールは自己アピールのツールになるので、向こう側にいる男性を意識して書きましょう。たとえば職業欄ですが、男性が好みがちな保育士や看護師、受付嬢などをされている方はしっかりアピールしていきましょう。

もしこういった職業に就いていない場合も、「料理を作って振る舞うが趣味」「ボランティア活動に参加している」など、優しさや気配り能力がありそうな趣味などを書くと同じように良い印象を与える事ができます

 

性格や趣味欄を充実させる

真剣に出会いを探している場合であれば、相手との相性がとっても大切です。そういった所はプロフィールの性格欄や趣味欄のところで確認することができるので、ここを充実させておくと「あ、この人合いそうだな」と思った男性から実際に声がかかるはず。

ただとりあえず書けば良いという訳ではなくて、単語出なく文章で書くというのもポイントです。「料理」とだけ書くのではなく、「料理が好きなので休日に友達を呼んで手料理を振る舞ったりします。

先日は気合いを入れてパエリアを作ってみました。」という感じ。性格欄も同様で、あなたのことが想像できるように文章ベースで書くことを心がけましょう。

 

 

嘘は絶対にダメ!

いくらアピールといっても、嘘を書くのはルール違反です。経歴詐称などもいけません。

もしそれをみてあなたのことを良いと思ってくれたとしても、実際に会ってみたら書いてあることと違った!となってしまったら印象は最悪です。

また、否定的な言葉やネガティブな言葉、あまりにも希望が多かったり現実離れしているのも印象が悪くなってしまいます。あくまでも相手からみて印象のよいプロフィールを心がけましょう。

 

(愛カツ編集部)

愛カツ結婚相談

「本気で結婚相手を探したい人」にとっては、結婚のプロフェッショナルである結婚相談所に相談するのが一番確実です。

愛カツ結婚相談では、数ある結婚相談所の中から実績や利用者の声から判断した、信頼できる結婚相談所のみをご紹介します!

愛カツ結婚相談を利用してみたい方はこちらから