男性が結婚を決意する瞬間は意外なところに転がっていると言われます。

「この子を奥さんにしたい」と自然に思うポイントは、果たしてどこにあるのでしょうか?

今回はそんなあなたの疑問にお答えいたします。

 

◆自分の最高の瞬間を褒めてくれた女性と結婚したい

男性は誰でも「最高の自分」「輝いている瞬間」を持っているもの。それは、仕事かもしれないし、豪快なゴルフのスイングかもしれないし、クラブで踊り狂う瞬間など人ぞれぞれです。その瞬間を見て「あなたにほれぼれする」と共感してくれた女性を男性は伴侶として選びます。

「ずっと横で僕のことを見ていて欲しい」と思うのです。まずは男性が自分で自分のことを一番輝いていると思う最高のステージを察することからはじめましょう。

 

◆ホームパーティを切り盛りする姿にグッとくる

ホームパーティをびしっと仕切れる女性に男性は弱くて、つい結婚したくなってしまうという声を良く聞きます。家庭をテキパキと切り盛りする姿をダブらせるのです。

「ホームパーティは基本中の基本。家の中で料理を次々と出しながら一人一人に気をつかって、会話を楽しみながら陽気に笑っているなんて、ステキな奥さんのイメージそのもの!(34歳・メーカー)」

このように奥さん度アピールのためにはホームパーティがとてもおすすめのようです。料理が苦手なあなたも一品勝負料理だけ作って、あとは個人宅向けのケータリングを頼めばバッチリ。

 

◆ダメなところを叱ってくれる女性

自分のダメなところを見せたときに、きちんと受け止めた上で叱って欲しいのが男性の本音。本気で怒りながら「そういうところは直して欲しい」と諭す。男は急に冷められたり、幻滅されたりするのを心から怖がる生き物なのです。幻滅するんじゃなくて叱ってあげることが大事。愛が試される瞬間です。

 

最後に・・・

男は皆「おかみさん」と結婚したいと思っています。家庭的だとか料理が上手とかそういうことだけではありません。最悪の自分を優しく叱ってくれる一方で、最高の自分を褒め称えてくれる、そんな振れ幅の広い触れ合いができる女性を、いつしか自然に「奥さんにしたい」と思うものなのです。
Charm of woman manager
~女性的な魅力の上に“女将さん”のエッセンスをトッピングしよう。

 

潮凪洋介