2017.5.30

自宅でのシェービングは、時間もかかりますし、どちらかというとめんどうな作業。しかし、丁寧にしないと、肌へのダメージが大きくなりがちです。

そこで今回は、十分気をつけているのに肌トラブルが起きるという方に向けて、自宅でシェービングをするときの裏技をご紹介していきましょう。

シェービング

 

オイルケアしてから剃る

シェービング後にはしっかりケアをされている方が多いと思いますが。シェービング前のケアは意外と、ケアしていていないという方が多いのではないでしょうか? そこでおすすめなのが、シェービング前のオイルケア。

カミソリとお肌の間に、事前にオイルで層を作り、できるだけお肌に負担がかからないようにしてからシェービングしてみてください。きっとお手入れ後にその違いを実感できるはずですよ。

 

 

トリートメントをつけて剃る

自宅でのシェービングには、シェービングフォームなどを使っている方も多いかもしれません。しかし、泡立つようなシェービング材の場合、素肌が見えなくなり剃りにくいなんでケースも少なくないのではないでしょうか?

人間の体は、たいていどこも曲線で、凹凸があるもの。素肌と剃刀の距離が正確にわからないと、力を入れすぎて、肌へのダメージになってしまうことも……。

そこで代用したいのが、リンスやトリートメントです。泡立つシェービング材のように、肌の表面が見えなくなってしまうこともありませんし、とってもなめらか。毛を柔らかくしてくれる効果もあるので、シェービングする際にはピッタリですよ。

 

いろいろな方向に引っ張って剃る

毛は、一方向はなく、いろいろな方向に向かって生えている箇所もあります。なかには、シェービングしにくいように生えているのでは? と思えるほど、やっかいな方向を向いている場所も……。

そこでおすすめなのが、シェービングする肌の部分を、いろいろな方向に引っ張りながら剃るという方法。こうすることにより、寝ていて剃りにくい毛を起こして、剃りやすい状態にすることができるので、余計な力がかからず、肌への負担もかかりにくいですよ。

 

おわりに

ムダ毛憎しでシェービングしていると、肌へのいたわりが疎かになりがちです。面倒くさがったり、強引な方法でシェービングしたりしていると、かゆみが出てしまいかねませんので、まずはココに気をつけて、裏技を試してみてくださいね。

 

(美ケチ番長/愛カツライター)