ほんと、男性というのは都合のいい考えしかしないもので、恋愛においても、何かと自分本位だったりするものです。

好きな女性が現れたら、その人と自分の交際についてのビジョンを夢想するうちに、なんだか本当に付き合えそうな気がしてくることがあるんですよね。

しかし現実には、そんなにうまいこと物事は動きません。

告白しても断られることもあります。

そうなってもなお、男性の中にはまだまだあきらめず、不屈の闘志で相手にアタックする者もいます。

もしかしたら自分の熱意が相手に通じるのではないかと、そう思うわけです。

実際には生理的に受け付けられないから断られている場合もあるんですが、都合のいいことしか考えない男性たちには、そういう可能性について想像する余力もない場合も。

ひたすら「押せば落ちる……はず」という一念のみでぶつかっていくわけですから、標的にされた側はしんどいですよね。

 

■男性は恋愛でも自分勝手な考えに基づき動く

と、こんな感じの態度を見せる、粘っこい執念の男性もいる一方で、同じことを女性からされると困惑してしまう男性というのもいます。

女性に告白されたはいいけど、好みじゃないから断ったのちに、再度アタックされたら「いや、前にNOつったじゃん」と、本気で拒絶したりなんかして。

恋愛においては、勝手な男性って結構多いので、こういう対応を見せるタイプは大勢います。

中には、自分は振られてもしつこくアタックするくせに、振った女性が執念を見せると「しつこいなあ」とか言っちゃう男性もいるほどです。

総じて書けば、男性はいったん自分が振った相手に対しては、気持ちの変化というのはそうそう見せないということですね。

もちろん女性の場合も多くはそうでしょうが、男性は特にこれは顕著になります。

最初に「無理かな」と思ったら、そのまま印象が固まっちゃうんですね。

苦手なものがずっと食べられないみたいな感覚と似てるのかもしれません。

 

■天地がひっくり返っても覆らないものもある…

恋愛を成就させるには、意中の相手への熱意も大事ですが、どうしたって実らない恋愛もあります。

そもそも恋愛は1人ではできないものですから、相手がひとかけらも自分に気持ちを向けていないのであれば、実質成立するものでもありません。

男性にアタックして玉砕した場合には、相手がどんなに希望を持たせる振り方をしたとしても「あ、ないんだな」と割り切って次に行くのが賢明でしょう。

もちろん、本気で好きになった相手に振られた場合には、そうそう簡単に気持ちを転換できないでしょうが、世の中には粘っても無理なものがあります。

いつまでも執着していると、他の男性との恋愛を楽しめるはずの時間まで浪費してしまいます。

こうならないためには、好きで好きでどうしようもなくなってから告白するよりも、ある程度「あ、いいな」ぐらいの気持ちの段階で告白するのがいいかもしれませんね。

これなら、振られても「まあ次があるか」と気持ちを移行させやすくなるんじゃないでしょうか。

大体において、振られて大ショックを受ける女性って、告白するまでの時間が無駄に長いんですよ。

 

■おわりに

今回こういうコラムを書いたのも、「愛カツ」の恋愛相談に、この手の相談が結構多く目に留まったからです。

中にはかなり長期的に意中の男性を追いかけている方もいらっしゃるようです。

その熱量には頭が下がる思いなのですが、「熱量に感服したから交際しよう」と考えてくれる男性って、なかなかいないもんです。

ほとんどの男性は、自分が一瞬でも「あ、いいな」と感じた相手であれば、告白されたらOKするものですから、断られるってなかなか残酷な意思表示なんですね。

人それぞれ好みは異なりますから、ときには美人でもズタボロに振られることだってなきにしもあらず。

そういうものですから、やっぱり気持ちの切り替えって、本当に大事なんだと思いますよ。

 

(松本ミゾレ/愛カツライター)

恋愛相談掲示板

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。恋愛で悩んだそんな時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?

他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから