女性にとってキレイな肌は誰しも憧れるもの。女性たちはキレイな肌になるために、毎日、肌のお手入れに手をかけ努力しています。

でも、意外と忘れがちなのが雑菌まみれのメイクツール。、汚れたブラシやパフを使っていたら自分で顔を雑菌まみれにしているのと同じ!メイクツールも定期的にお手入れして清潔に保ちましょう。

 

意外と忘れがち?メイク道具も清潔に!

女性にとってキレイな肌は誰しも憧れるもの。世間の女性たちはキレイな肌になるために、毎日肌のお手入れに手をかけ努力しています。

しかし、クレンジングや洗顔も大切ですが、肌に触れるものにも気をつけなければいけません。

たとえば洗顔後に何日も洗っていないタオルで顔を拭いたり、顔に直接触れる寝具を何日も洗濯しないでいると、顔に雑菌がついて肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

キレイな肌でいたいならスキンケアだけでなく、顔に触れるものも清潔に保つ必要があるんです。

そして、スキンケアやメイクを毎日頑張っている人が意外と忘れがちなのが、メイクに使うパフやブラシ。

せっかく上手にメイクを仕上げても、汚れたブラシやパフを使っていたら自分で顔を雑菌まみれにしているのと同じ!メイクツールも定期的にお手入れしましょう。

 

ファンデーションのパフ

ベースメイクに欠かせないファンデーションなどのパフ。買ったばかりの頃と比べて、かなり変色しているのがわかると思います。

パフ類の洗浄には専用のパフクリーナーを使用。化粧品ブランドからも専用のクリーナーが発売されていますが、100円ショップにも売っているのでそれでも十分です。

まず、パフにクリーナーを出したら、パフを揉みこみます。するとファンデーションの肌色の汚れが出てきます。

全体をよく揉んだら、流水で流しながらファンデーションの色が出なくなるまで揉み洗い。完全に色が出なくなったらすすぎ完了です。

洗い終わったら、パフを重ねたティッシュorキッチンペーパーに挟んで水気を切ってから、別のペーパーの上に置いて屋内の日陰で干します。毎日のメイクに使うパフは週1程度で洗いましょう。

 

チークなどのブラシ類

ブラシ類は台所用の中性洗剤を使って洗います。まず事前に目の細かい櫛で毛先を軽くブラッシング。

容器にぬるま湯200:中性洗剤1の割合で溶かした洗浄液を作り、毛先を中で振り洗いします。

振り洗いできたら、洗剤の入っていないぬるま湯の中でチークなどの粉の汚れや泡が立たなくなるまで同じように振り洗いしてすすぎます。

すすぎ終わったあと、毛先を優しく絞って水気を切り、清潔な乾いたタオルに挟んで水気を吸い取ってからタオルの上に置いて日陰で干します。

毎日のお手入れとして、使用後はこまめにティッシュで粉を落としたり拭き取っておくとさらに◎。

 

ビューラーのゴム

まつ毛を挟むビューラーは、アイメイクが付きやすいので使うたびに軽く拭き取っておきましょう。

ビューラーのゴムは寿命があります。ゴムが避けていたり、変形していたりするビューラーを使うとまつ毛が傷む原因になるので、定期的に交換しましょう。交換の目安は3ヵ月に1回程度です。

ビューラーはそれぞれのメーカーや商品ごとにカーブの形違うので、個人的には商品が廃盤になり替えゴムが売ってない!ということがないように、ビューラーはロングセラーの有名商品を使うのがおススメです。

 

コスメ類の外側やポーチの中身もキレイに

コスメ類の外側やポーチの中身もキレイにしておきましょう。コスメ類の外側は除菌ウェットティッシュで拭いておきます。

ポーチの中にゴミが入ってたりポーチ自体が汚れていたり、メイク道具でパンパンだったり、長年使用していて薄汚れていたりすると見た目にもみっともないので、定期的に中身は整理して汚れも拭き取っておきましょう。

ポーチの中も雑菌が多いので、できれば月1程度で丸洗いするのが理想です。

 

おわりに

肌が清潔でも肌に触れるものが雑菌まみれだったら台無し!メイクを頑張るだけではなく、メイク道具も定期的にお手入れを。

ただし、パフやブラシなどは消耗品でもあるので、パフがゴワゴワになってきたりブラシの毛先が広がってきたりしたら、肌ざわりもメイクの仕上がりも悪くなるので、潔く買い替えましょう。

 

(東雲ほたる/愛カツライター)

恋愛相談掲示板

綺麗になってモテるにはどうすればいい?どうメイクすればうまくいくのか分からない!

そんな時は、愛カツの恋愛相談掲示板に相談してみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになるかもしれません。

恋愛相談はこちらから