セックスの相手がいつも同じでは、どうしてもマンネリになりがち。かといって、簡単に相手を変える訳にもいきません。

そこで、普段のセックスにちょっとしたアレンジを加えてみましょう。大胆な技で刺激を与え、さらなる快感を与えれば、もっとセックスが楽しくなります。

今回は、看護師としても男女の肉体に精通している筆者が“セックスで取り入れるべき離れ技”についてご紹介します。

 

■1:会陰責め

会陰とは、男性でいうと玉の下あたりから肛門にかけての部分です。別名“蟻の門渡り”とも言われる箇所。実はこの部分の内側には、前立腺という男性特有の器官が存在し、刺激されるととても気持ちいいのです。

指で押すなり舐めるなりして刺激を与えてください。男性は、普段味わえない感覚に悶えるはず。その勢いで、アナルを責めてもいいですね。

 

■2:口でコンドーム装着

コンドームの先端を口でくわえ、男性器の亀頭に被せます。このとき、裏表を間違えないよう気を付けてください。そこから、根元のほうまで被せる訳ですが、すべて口で行う必要はありません。

口だけでやろうとしても、なかなか難しい。口を使いつつ、指で被せていくのが理想です。気持ちがいいというよりは、視覚的刺激を与える効果が大きい技だと言えるでしょう。

 

■3:結合部を見せつける

通常の騎乗位から、女性が後ろを向く状態になる体位が背面騎乗位と言います。AVではお馴染みですが、あまり普段のセックスで用いる人は少ない。でも、これは快感を高めるのに非常に有効な体位です。

男性視点からすれば、結合部からお尻の穴まで丸見え。視覚的刺激による興奮はすさまじい。さらに、女性も自分の顔が相手に見られないので、恥ずかしさもなく大胆に責めることができます。相乗効果により快感が高まります。

 

■4:お掃除フェラ

射精後、男性は後処理を始めます。女性もそこは気を抜いてしまいがちですが、まだ終わっていないとばかりに、男性器をパクっとくわえてあげましょう。精子にまみれた性器をお掃除してあげてください。

完全無防備だった男性は、その行動に驚き、快感を得ます。そして、女性の健気な行動に対して愛情が湧き上がってきます。もっと愛したいという気持ちが高まり、次のセックスも楽しみになるという訳です。

 

■おわりに

以上です。参考になりましたか?
マンネリも、ちょっとした努力で改善が可能です。きっとまだまだやっていないプレイはあるはず。可能性は無限に広がると言ってもいい。お楽しみは、これからですね。

 

(大木アンヌ/愛カツライター)

恋愛相談掲示板

友達にも言えない大人の関係でのトラブル。周りには相談できない恋愛の悩み。

困った時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから