2017.6.17

じっくりと愛を育む恋愛をする第一関門は、すばり「第一印象」。

この女性いいな、と男性に思われなければ何も始まりません。

男性に好まれる第一印象の作り方を、12星座別に占います。

●牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

ボーイッシュな牡羊座は、女性らしさが足りない傾向がありますので、情熱的な愛をアピールできる「赤」を身につけて。

ピアスやイヤリングなどのアクセサリーに、さりげなく赤を取り入れましょう。

多用しすぎるのはNGですが、ワンポイントに使うと好感度がぐっと上がります。

 

●牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

自分の感覚を重視する牡牛座ですので、柔らかで肌触りのよい素材の衣服や小物を身につけてください。

コットンや麻、シルクなどの自然素材は、牡牛座の基本のラッキーアイテムでもあります。

自然と気持ちが穏やかになり、優しさがあふれ出して男性への第一印象も上がっていくでしょう。

 

●双子座(5月21日~6月21日生まれ)

フットワークの軽い双子座は、指先に動きを出すと好印象を与えられます。

ネイルケアをしっかり行い、普段から指先、特に爪の手入れは怠らないようにしましょう。

道案内をする時はすっと指先を揃えて方向を示す、エレベーターのボタンを押す時は乱暴にならないように……など、所作を美しく保ってください。

 

●蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

「母性」の星座とも言われる蟹座。男性によい印象を与えたいなら、気さくさを感じさせる笑い方を実践しましょう。

ただ、いくら気さくといっても、大声でがさつに笑うのではいけません。

優しいお姉さんのような、相手を見守る視線を含んだ柔らかな笑顔を心がけるようにしましょう。

 

●獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

ドラマチックな恋愛を求めがちな獅子座。

お気に入りのブランドアクセサリーを身につけることで自信が生まれ、その堂々とした雰囲気が異性への好印象につながります。

とはいえ、あれもこれもとゴテゴテ飾り立てるのはNG。引き算のできるさりげなさが、TPOをわかっている大人の女性を演出します。

 

●乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

完璧主義と言われる乙女座は、服装もきちっとしています。

そのため、相手に与える第一印象も悪くはありませんが、どこか堅苦しい感じも。

シャツの袖のボタンをきっちりしめるのではなく、ラフにロールアップするなど、どこかを「ちょっぴり着崩す」と、100倍印象がよくなります。

 

●天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

生まれつきセンスがいい天秤座。

服装もTPOをわきまえていますから、誰に対しても第一印象はよいでしょう。

しかし、ともすれば皆に好かれたいように思われ、八方美人にみられがち。

特定の人に好印象を持たれたいなら、「目立つけれど大好き」なファッションポイントをひとつ入れてみて。

 

●蠍座(10月24日~11月21日生まれ)

どことなくミステリアスな印象を与えてしまう蠍座。

男性に好印象を与えるには、声のトーンを少し高めにしつつ、自分の考えをしっかりと相手に伝えるといいでしょう。

謎めいた感じは魅力にもなりますが、はぐらかすような受け答えをすれば、誠意が感じられないと思われてしまうので注意して。

 

●射手座(11月22日~12月21日生まれ)

自分に正直で飾り気がない射手座は、異性を感じさせないユニセックスな服装になりがち。

しかしだからといって、女っぽさを猛烈アピールするのはかえってよくありません。

ピンクなどのパステルカラーをハンカチやストールなどの小物に取り入れると、第一印象もぐっと上がります。

 

●山羊座(12月22日~1月19日生まれ)の恋愛運

相手からの視線を気にしてしまう山羊座は、好印象を与えようとついつい頑張りすぎてしまう傾向があります。

そのため、特に初対面の相手に対しては、緊張のあまり表情が硬くなって不機嫌なようにも思われがち。

第一印象をよくしたいなら、とにかく親しみのある笑顔を心がけましょう。

 

●水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

誰とでも気さくに話せる水瓶座は、第一印象も親しげで悪い印象をもたれることはあまりありません。

ただ、さらに印象をよくしたいならば、TPOをわきまえた話し方や、目上の人に対する言葉遣いに気をつけましょう。

フレンドリーな上にきちんとしている人だな、と好感度が上がります。

 

●魚座(2月19日~3月20日生まれ)

感性豊かな魚座。

自分の感覚を大切にするために、自由気ままな気分屋に思われてしまうことも少なくありません。

初対面のときでも相手の目をしっかり見て話をする、自分ではちょっとやりすぎと思うくらい相手の話にうなずくなど、「共感」をアピールすると第一印象もよくなります。

 

●さいごに

「第一印象」は、恋愛の最初のハードルです。

どこで誰が見ているのかわかりませんから、初めての人に会う集まりなどのときは、緊張感を持ってこの方法を試してみてくださいね。

 

(マーリン・瑠菜/愛カツ占い師)