2017.6.19

男性は基本的に「女性を守りたい」と思う生き物。とは言え、当たり前ですが、女性なら誰でも、いつでも守りたいわけではありません。
では、どういうときに男性が女性を「守りたい」スイッチが入るのでしょうか? 彼がいる人も、まだいない人もぜひ参考にしてくださいね。

①自分を男として頼られたとき

「単純だけれど、車の運転だったり、力仕事だったり、男にしかできないことを頼まれると自分がその子を守っている感があるな」(29歳・サービス業)

「何かを頼まれてしてあげたときに『ありがとう~』って感謝されると、好きじゃなくても守りたくなる」(30歳・銀行)

男性は「自分が男として、誰かの役に立っている」ことに対して、大きな喜びを感じます。もちろん、好きな人から頼られると一番いいのですが、そうではなくとも、女性から頼られるとドキッとしてしまう、守りたいスイッチが入ります。もし、気になるカレに接近したいなら、うまくお願いごとをしてみるといいでしょう。

②健気に頑張っている姿を見たとき

「一生懸命、文句も言わずに他の人がやりたがらなそうなことを頑張っていると、ついつい何とかしたくなってしまう」(29歳・IT)
「そんなに一生懸命しなくても、っていうくらい何かに打ち込んでいる人にはつい惚れてしまう」(28歳・広告代理店)

これは狙ってできることではありませんが、男性も女性も何かに打ち込んでいる人は素敵に見えます。
それは仕事でも、趣味でもいいのですが、目標を持って頑張っている人を男性としては応援したくなるもの。辛くて、文句を言いたくなるのも分かりますが、少なくとも誰かが見ているところではポジティブに頑張るのがいいですね。

③普段元気そうなのに泣いているのを見たとき

「いつもすごく元気のいい子が、泣いているのを見るとドキッとしてしまうよ。何があったんだろうととても気になる」(33歳・弁護士)
「普段絶対に泣かなそうな女性(女性上司)が、涙を流していると、力になりたくなる」(28歳・コンサル)

いつも泣いてばかりでは、逆にウザがられてしまうのですが、普段明るかったり、頑張り屋さんで、一生懸命な子が泣いているのを見ると、男性としてはいてもたってもいられなくなるようです。
ギャップに男性は弱い、と言いますが、意図的ではないギャップが有効ですね。

*
狙って、男性から「守りたい」と思われるのはなかなか難しいもの。でも、男性のこういった心理を知っておくと、男性に守られるために「やっていけないこと」が分かると思います。そして、「あざとい」テクニックとして使うのも……いいかもしれませんね。

(渋谷光/愛カツライター)

恋愛相談掲示板

気になる彼に好かれるにはどうしたらいいの?付き合っている彼とうまくいかなくて悩んでます…。そんな時は愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?

他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから