婚活はなかなかうまくいかないし、 けっこう一人も楽しいかも?そもそも私結婚できるのかな?と思ったら、手相を見てみましょう!

 

生命線で見る結婚出来る手相

手相で結婚を占う時は、小指の下の結婚線がポピュラーですが、実は生命線から伸びる細い線=支線でも占うことができます。

生命線から、中指か薬指の方に向かう支線が1本出ていて、その支線と生命線が交わるところから今度は生命線の内側に、2重に生命線になるような細く長い線が出ている手相。

この手相を女性が持っていれば、ほぼ結婚はできると言えるでしょう。

この手相に加えて、支線と生命線が交わる地点を、恋愛線と呼ばれる小指に向かう線が横切っていると、結婚できる可能性はさらに上がります。

 

運命線で見る結婚出来る手相

運命線とは、中指の方向に向かって縦に伸びる線のことを言います。

始まる場所は色々とあり、親指の付け根のふくらみの金星丘や、小指の下のふくらみの月丘、手首の中央や、生命線から始まる運命線など、色々な所から始まります。

この運命線に、小指の下の方のふくらみ月丘の方向から始まる細い線が合流していると、結婚できる手相であると言えます。

さらに、運命線と細い線の合流地点から、薬指に向かう細い線で、くの字ができていると、結婚できる可能性はさらに高まります。

 

結婚線で見る結婚出来る手相

最後はポピュラーに結婚線で結婚できる手相を見てみましょう。結婚線は小指の付け根から、感情線までの間にある、細い線で占います。

ここに結婚線が出ている人は、結婚ができると言えるでしょう。 この結婚線が水平ではっきりしていると、より幸せな結婚ができるはずです。

何歳で結婚できるかどうかは、小指の付け根から感情線までを2等分にして、見ることができます。

ちょうど真ん中の部分から、下の方に出ていたら、20代前半で結婚する可能性が高く、真ん中だと25歳前後、真ん中より上の場合は30を過ぎてから、というふうに見ます。

何本か結婚線がある場合は、太く長い線が、 結婚までいく可能性のある時期という風に見てください。

 

婚活で結婚運をつかもう!

全ての占いに言えることではありますが、どんなに占いの結果が出ても、あなたがその時に行動しなければ、あなたの望みが叶うことはありません。

手相を見て、今は結婚線が出ていなくても、婚活を始めることで、結婚線が出てくることもあります。

結婚をしたいのであれば、自然な流れを待つのではなく、あなたが動き出すのが一番の近道なのです!

 

(はせハルカ/愛カツライター)