夏になると避けられない日焼け……。将来、シミやシワに悩まないためにも、日焼けのメカニズムを知って、効果的に日焼け対策をしましょう!

有害な紫外線から細胞を守るために、メラニン色素を作られることで起きる日焼け。黒く焼けることはみなさんご存知かと思いますが、日焼けのダメージはこれだけではありません。

紫外線を浴びると、酸化力の強い活性酸素が体内に大量に発生! 皮膚の脂質やコラーゲンなどの成分を酸化させて、シミやシワの原因にもなってしまうのです。そこで今回は、日焼け対策についてのあれこれをご紹介していきたいと思います。これからのシーズンに向けて、しっかり対策していきましょう!

 

日焼け止めの選び方・塗り方

日焼け対策には欠かせない日焼け止め。しかし、正しく使わないと効果がないばかりか、かえって肌にダメージを与えてしまうこともあるのです。

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があり、波長の短いUV-Bは表皮に、波長の長いUV-Aは皮膚の深部に影響を与えます。日焼け止めに表示されているSPFはUV-Bを、PAはUV-Aを防ぐ指標。そして、日焼けを防ぐにはその両方を防ぐ必要があります。

日焼け止めを塗る際に一番気をつけたいのは、ムラなく塗ること。一度にたくさんつけず、しっかり伸ばして塗り、その後、もう一度重ねて塗るときれいに塗れます。日焼け止めが肌によくなじむように、塗る前にしっかり保湿してからつけるのもおすすめですよ。

 

日焼けを防ぐ食べ物

日焼けは、紫外線により発生した活性酸素を体の中から防ぐことでも予防できます。これには、抗酸化力の強いビタミンC、E、Aが効果的。とくにビタミンCは抗酸化作用のほかに、メラニン色素の合成を抑える作用もあり、肌の潤いを保つコラーゲンの生成にも関与しています。トマト、ピーマン、アボカド、柑橘類に多く含まれているので、日ごろから積極的に摂り入れていきましょう。

このほか、なんとコーヒーにも、日焼けによるシミを防いでくれる効果があるとわかってきています。コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分がメラニンの生成を抑制し、普段コーヒーを飲む人は、シミが少ないことが明らかになっているそうですよ!

 

日焼け後の対処も適切に

いくら日焼け止め対策をしても、完全に紫外線を防ぐことはできません。ですので、日焼けしてしまったら早めの対処が肝心です。

肌のほてりがある場合は、できるだけ早くその部分を冷やしましょう。保冷材を包んだタオルや、水で濡らしたタオルをそっとあてるだけでも有効です。ほてりが治まったら、いつもより念入りに保湿してあげてくださいね。

また、ダメージを受けた皮膚の細胞を回復させるために、栄養素の補給も欠かせません。美容液や食べ物で補給していきましょう。先ほどご紹介したビタミンCを肌につける場合には、肌までビタミンCを届けることができる「ビタミンC誘導体」が配合されているものを選んでくださいね。

 

さあ、いまから日焼け対策を!

色白美人になるためには、毎日の積み重ねが大切です。楽しい夏が終わったときに後悔しないように、しっかり対策して楽しい夏を過ごしてくださいね。(大月ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

自分を変えてモテるようになりたい!今の自分からどう変わればいいのか分からない!

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから