2017.7.9

睡眠は健康のためだけでなく、美容にとっても欠かせない要素。すっきり目覚めて、魅力的な健康美人になるためには、どんなふうに寝るべきか、みなさんはご存知ですか?

睡眠不足でどんより疲れた顔をしていては、せっかくの美人が台無し!

しかも、それだけではありません。睡眠中には、代謝を正常に保つための成長ホルモンが分泌されるので、睡眠不足になると皮膚のターンオーバーが滞り、肌荒れやシミ、たるみまでも引き起こしてしまうのです。そこで今回は、美人になるための睡眠ポイントをご紹介していきましょう!

睡眠のゴールデンタイム

美容に重要な成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯を、睡眠のゴールデンタイムと言います。一昔前までは、夜の22時~翌日の午前2時といわれていましたが、最近では、睡眠開始3時間後に、もっとも成長ホルモンが分泌されることがわかってきています。

つまり、就寝の時刻に関わらず、入眠してから最初の3時間に熟睡することが、美人になるための睡眠のポイントだったのです。

 

メラトニンを増やそう!

睡眠3時間後の睡眠の質を上げる鍵は、睡眠ホルモンである「メラトニン」です。体内時計に従って、夜になるとメラトニンが分泌されて眠くなるのですが、生活のリズムが乱れて体内時計がくるってしまうと、正常にメラトニンが分泌されません。

体内時計を正しく保つためにも、規則正しい生活をして、朝、日の光を浴びることを心がけましょう。逆に、夜に強い光を浴びるのはNGです。就寝前はパソコンやスマートホンの使用を控え、お休みモードを意識してみましょう。

また、必須アミノ酸であるトリプトファンをとることも効果的。トリファンを原料に作られるセロトニンは、メラトニンへと変化し睡眠の質を向上してくれます。カツオ・マグロの赤身などの魚類、豚・牛・鶏などの肉類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類に多く含まれているので、意識的に摂取してみましょう。

 

リラックスする

日中は交感神経が優位になることで、活動的な状態になり、夜は副交感神経が優位になることで、心拍数や呼吸が低下し、休息状態に入ります。ストレスが多いと、このバランスが乱れてしまい、夜になっても副交感神経が優位にできず、熟睡することができないのです。

良質な睡眠をとるためには、副交感神経を活性化させて、体を睡眠モードに切り替えることが大切! これに役立つのが、毎日同じ入眠儀式をすることです。

決まった音楽を聴く、ゆっくりとストレッチをするなど、小さなことでいいので、毎日の習慣にしてみましょう。また、リラックス効果のあるハーブティーを飲んだり、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったりするのも◎。毎日同じ習慣を作って、脳に寝ることを意識させてあげましょう。

 

睡眠で美人に!

睡眠不足は、美容に良くないだけでなく、肥満の原因にもなることが報告されています。みなさんもよりよい睡眠を意識して、魅力的な自分を目指してみませんか?(大月ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)

参考:睡眠医学のドクターに聞く。新常識! 「肌のゴールデンタイム」の本当の時間帯とは?|「マイナビウーマン」
参考:体内時計と睡眠のしくみ | 体内時計を調節するホルモン、メラトニン | 体内時計.jp
参考:トリプトファンを多く含む食品はこれだ!実際に摂取できる量を算出 | カイミン
参考:睡眠:良質な睡眠のための自律神経の整え方 4つのポイント:トピックス:日経Gooday(グッデイ)
参考:睡眠の質を上げる5つの方法と絶対NG行為【医師のススメ】 | Fuminners(フミナーズ)

 

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

自分を変えてモテるようになりたい!今の自分からどう変わればいいのか分からない!

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから