2017.7.26

あまり好意を抱いていない相手からデートに誘われた場合、みなさんならどうしますか?

ただ断って終了できる関係なら良いですが、例えば職場の同僚だったり仕事で付き合いがある人だったり共通の友人がいたりと、下手に断るとなかなか面倒なことになったりするケースもありますよね…。

ということで今回はそんな相手からデートに誘われた時の、角が立たないスマートな断り方を紹介していきます!

 

相手がいることを伝える

この場合に一番簡単なのは、既にあなたに相手がいることを伝えるというもの。

「私、彼氏がいるので…」的なことを言われてしまったら普通はもうそこから手出しができませんよね。

もし今彼氏がいない場合も、ここは嘘をついてしまっても仕方がありません。

比較的角が立ちにくいですし、また改めてデートに誘われたりアプローチをかけられたり…という面倒も避けられる便利なテクニックです。

 

 

とにかく忙しさアピール

「気持ちはありがたいけどどうしても予定が開かない」という伝え方もおすすめです。

ちょっと今月は厳しくて…また次の機会にお願いします。ということを何度か繰り返していくうちに、必ずいつか相手も察してくれます。

もしあまりにも押しが強く断れない状況の場合は、忙しい旨だけ先に伝えつつ日程のセッティングだけしてしまって、「やっぱり今日仕事が終わりそうにありません…」と当日に断るのもありかもしれませんね。

 

冗談で片付けてしまう

仮にデートに誘われたとしても、それを真面目に受け取らず全て冗談で受け流すというのも一つの手です。

「今度○○に行かない?」と言われたら「そうですね~機会があればいつかお願いします(笑)」とか、「あ、そこなら○○ちゃんの方が好きですよ!」とか、「ここならみんなも喜びそうですね!誰誘いますか?」などなど、これが2人きりのデートのお誘いであることに気付いてないふりをして切り返すことで相手の戦意喪失を狙いましょう。

 

 

スマートな大人を目指そう

角の立たないデートの断り方、いかがでしたでしょうか?

誘いを断るというのはどんな相手であれ少なからず申し訳ない気持ちになりますし、それが今後も関わりのある相手なら尚更ですよね。

でもそういった相手と上手くやり過ごすためには、時には嘘やズルさも大切です。こういった柔軟さを持っておくことがスマートな大人への第一歩!ぜひ参考にしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼をどうやってデートに誘えばいいか分からない、デートで彼に気に入ってもらうにはどうしたらいい?

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから