夏の終わりが恋の終わり、秋は寂しい・・・そんな恋愛の残念なケースに陥ってしまう方々の3つの行動について今回はお伝えします。

1:海やプールで不機嫌

残念ながら男性というのは、とてもセクシーな女性が目の前にいると、そちらに気をとられてしまいます。たとえ大好きなあなたが隣にいたとしても、それを制することができる男性というのはごくごくわずかです。

海やプールで、目移りしている彼に不機嫌になり、結局楽しいデートができないという方も多いのですが、あなた自身がそういう感じ方をしてしまう場合、そもそも海やプールへのデートは控えましょう。ほとんどの男性は目移りします。

 

2:日中ど真ん中に外を移動

暑い日差しの中わざわざ移動しないといけないようなデートを計画してしまうケースがあります。これも実際デートをしたら彼もあなたもとても疲れてしまうことは目に見えています。

ですから、こういう場合は、たとえ彼のお誘いであったとしても、室内にいるように誘導してあげることが大切です。

せっかく彼が計画してくれたということで、気を使ってOKをしたとしても、実際のデートでは暑さに負けて楽しさが半減してしまいます。彼もあなたも良い思い出を作ることは難しくなってしまうでしょう。

 

3:余裕が無い

夏はたくさん室内でも見るところがありますし、イベントも多いです。

しかし、非常に短い時間にたくさんの場所に行くデートを計画してしまうと、見ることに夢中になってしまい、彼と2人でそれを振り返る時間を忘れてしまいます。観光だけではなく、恋愛に活かすのであれば、ちゃんと2人でゆっくりと話をする時間も組み込みましょう。

たとえあなたの行きたいところの半分しかまわれなかったとしても、2人で話す時間を適度にいれた方が恋愛には効果的です。

 

おわりに

少しずつのストレスというのが、蓄積されて人の心というものは、避けるという判断を下していきます。油断しがちだなと心当たりのある方は今回のヒントを参考に、この夏は気を引き締めて過ごしましょう。

お坊さん  恋愛コーチ さとちゃん 合掌(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)