こういうコラムを何年も書いていると、仕事以外の場所でも恋愛相談めいた話を持ちかけられることが、しばしばあります。

すると「ああ、こういう相談多いなぁ」と感じるような声って、結構似通ってくるものなんですよね。

その、よく耳にする相談というのが、ダメ男関係のお話です。
相談を受ける頻度が高いということは、ネットにはなかなかこういう男性と交際している人に向けての金言も落ちてないのかもしれません。

そこで今回は、恋愛相談の定番中の定番なのかもしれない、「ダメ男と付き合っているワタシ」系の悩みを抱える女性の共通項について書いていきましょう。

ダメ男に疲弊する恋愛

 

「ダメ男」は環境が作り出す生き物!過剰な甘やかしのせいで出来上がる

過剰な甘やかし

そもそもダメ男の定義ってなんでしょうか。
日常生活を送る上で欠かせないことをなかなかできず、交際相手に依存し、下手するとヒモになろうとする。
極端ですが、こういうタイプはまさにダメ男のテンプレートかもしれませんね。

常々思っていたのですが、こんな男性って、自然発生は到底考えられません。
普通に生きる以上は自活する上でもやるべきことはやらないと話にならないんですよね。
当たり前の生活習慣をきっちりこなし、正常な人間関係を構築し、社会的にも問題のない言動をしなければ、周囲からドン引きされてしまいます。

だけど、ダメ男はこういうことができないケースがあまりに多いのです。
その理由こそ、周辺にいる人々からの、過剰な甘やかしでしょう。
それは親や友人、あるいは恋人の過保護だったりもするわけです。

人はたった一人で生きなければならなくなったら、誰にも頼ることができないので、料理も洗濯も納税も就労も、必死でやるようになります。
しかし、ダメ男になってしまった男性は、どこかで誰かがバックアップしてくれているという甘えのせいで、自立をしないまま生活することが板についています。

 

「彼氏がダメ男で辛い…」だったらあなたが矯正するのも手

ダメ男を矯正

冒頭でも触れたように、最近は「ダメ男と交際していることが辛い」と相談を持ちかけてくる女性にしばしば出会います。
個人的にはこういうとき「じゃああなたが躾をしないとね」と言うに留めているんですが、どの道交際相手がダメ男だと分かっていて、それでも交際を続けている時点で、なんだかなぁと思います。

ダメ男と交際しているのは個人の勝手。そこには何の意見もありません。
だけどそういう境遇を甘んじて受け入れているのに、「ダメ男と付き合うの辛い~」とか言われても、知らないよとしか思えません。

前項で書いたように、ダメ男は環境に甘えて誕生するもの。
だから甘やかしている相手がいる限り、ダメ男が改心することもないわけです。
だとしたら、相談(というか愚痴る)する前に、自分ができることをしっかりとこなすこと。これが大事になってきます。

相手を甘やかさない。相手のペースに飲まれない。いざとなったらキツい言葉で叱責する。
これぐらいのことをしないと、ダメ男も目を覚ましません。

大体にして、ダメ男に振り回されて疲弊している女性は、その原因が自分にもあることに気付いてません。
自由恋愛の時代です。相手の落ち度が目に余れば、別れを示唆したって、別にいいわけです。
改善が見込めないようなダメ男に、大事な時間を費やすことは、非常に勿体ないと言わざるを得ません。

 

おわりに

人が美しい期間や、恋愛ができる期間というものは、正直かなり短いのです。
そんな貴重な、限られた時間を、ダメ男に振り回されるというのは、本当にこれこそが時間の無駄。

ダメ男と付き合って疲弊する時間があれば、さっさと切って次の男性を探しましょう。
ダメ男は常に、周囲に甘えることで増長をします。寄生されたらたまったもんじゃありません。

それでも相手を切れないのであれば、これはもうマトモな男にしてあげるしかないでしょう。(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)