初めの一歩を踏み出さなければ、恋愛には発展しません。気になる相手と知り合い以上の関係になるための、性格に沿った無理なくできる方法を血液型別に占います。

●A型

拒絶されたらどうしようという不安に負けて「今日は声をかけるのをやめておこう」という思考回路になりがちなA型。

他人の目や体面を気にするA型ならではですが、これを逆手にとって、声をかけなければ恥ずかしいという状況に自分を追い込んでおけば、最初の一歩は踏み出せます。

共通の友だちに場を設定してもらうとか、仕事を絡ませられるなら質問事項を先にぶつけておくなど、できるだけオフィシャルな用事をネタに作戦を練るのがいいでしょう。

●B型

自分の行動に関しては自信のあるB型ですが、相手の返事に予測がつかない場合はアプローチする前にあきらめてしまいがち。ただ、執着なくあきらめることができるのは長所とも言えます。ここで発想を転換して、断られても同じようにあきらめられるということに気づいてください。単に誘うだけです。

どういう返事が返って来ても、B型の気持ちがどうなるわけではありません。うれしい返事だったら喜び、いまいちな返事ならとりあえず忘れて、また誘えばいいだけです。

●O型

恥ずかしいので声はかけられなくても顔や態度に出てしまい、気があるのがすぐバレるO型。

バレてはいますが、アプローチを止めるとそれまでとなってしまいます。仲を深めるためには、好意を表現している自分を相手に見せ続けるのが効果的。

どうせ態度に出るのですから、口に出さなくてもいいのです。何度か会っているうちに、だいたいの男性はO型の気持ちに気づくでしょうし、超絶鈍感な男性でもまわりから言われて気づくはず。抑えきれなくなったら、ストレートに告白しましょう。

●AB型

彼と自分のさまざまな状況、環境、わかり得る精神状態を分析し、最適なアプローチ法を自分で構築するAB型ですので、思った通りにアプローチすればいい結果を得る可能性が高いでしょう。

アプローチすることが、自分に合理的だと結論を出したわけなので、素直に行動すればOKです。ビジネスで契約を取るようにアプローチしがちなので、気持ちを高めるのがポイント。

恋愛が本格的に始まると、AB型は甘くロマンティックに変貌します。そんな自分を想像しながらアプローチするといいでしょう。

●さいごに

始めなければ始まらないのが恋愛です。気になる人がいるのに、ちょっとの勇気が足りない人は、この血液型別のアドバイスを実践してみてくださいね。(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)