2017.8.10

婚活の最終ゴールは結婚です。今回は結婚へと歩みを進めるためにかかせない「結婚の意思確認」、いわゆる愛の告白の際のポイントについてヒントをお伝えします。

愛の告白

 

ヒント1:あなたからなのか相手からなのか

最後は男性からというのがこれまで日本では多かったのですが、最近は女性からプロポーズをする、そんな機会もどんどん増えています。

男性のプライドを傷つけてしまわないように、最後に愛を告白するのは、どちらからなのかを良く考えて決めるようにしましょう。

仮に抵抗が強そうな男性の場合、2人っきりでのプロポーズを検討しましょう。大勢の前で女性からプロポーズされてしまうと、男性側のプライドを深く傷つけてしまい、上手くいかなくなってしまうリスクがあります。

 

ヒント2:派手にし過ぎない

最後の愛の告白は、記憶に鮮明に将来残るような、そんな派手な演出をしたいと考える方も多いです。

しかし、お相手は、静かなにお互いの気持ちを交換することに魅力を感じているケースもあります。

独りよがりになってしまい、せっかくの愛の告白が台無しになってしまうようなことにならないよう、はやる気持ちを抑えながら、無難に計画していくこともポイントです。

 

ヒント3:焦らない

最後の愛の告白で一番注意したいのは、焦らないことです。

あまりに派手に演出してしまうと、それまでの延長線上で考えられなくなり、勢いでお相手が「OK」と承諾の言葉を言っていまうことも考えられます。

そうなると、結局、結婚までの間に悩み続けることになってしまい、最後壊れてしまうというリスクもありえます。

これまでの婚活の中で築いてきた信頼関係の延長線上の適切なタイミングで実施するようにしましょう。

婚活の最後のステップである愛の告白は、まさに結婚という両者歩み寄る生活の入口のような、婚活で培った信頼関係の集大成のようなものです。

お坊さん        恋愛コーチ さとちゃん 合掌

(愛カツ編集部)