2017.8.3

大好きな彼とラブラブになれたあなた。そんな時は彼から永遠に愛されたいと思うもの。でも、時に彼が他の女性に目移りしてしまうんじゃないか、と心配になってしまうかもしれません。

浮気は女性側の努力で99%防ぐことができます。残りの1%は、「最初から浮気する」と決めて生きている男性の場合です。もし彼がこのタイプだった場合、あなたは「アソビ」である可能性も高いので、早めに見切りをつけましょう。

浮気防止には大きく分けて2つの方法があります。1つは浮気しづらい心理状態になるよう導く、という方法です。もう1つは、浮気する原因を除去すること。今回紹介する4つのテクニックはそれぞれ、どちらかからアプローチしています。今からでも遅くはありません。ぜひやってみてください。

1. 共通の友達を増やし、公認の「仲良しカップル」になる

共通の友だちを増やす
共通の友達が多いと浮気をしづらくなります。浮気がばれた時、あなたの味方をする人の顔が具体的に思い浮かぶためです。また、その共通の友達のいるコミュニティでは「誰々さん(あなた)の彼氏」とだと認識されています。

人はそのような「役割」があると「責任感」を感じます。したがって、浮気のようなひんしゅく行動を控えようという気持ちになるのです。

たとえば、こんな方法で共通の友達を増やすことができます。

・親友とダブルデートする

・あなたの友達の主催するパーティーに彼を連れて行く

・彼の「行きつけの店」で自分も常連客の仲間になる

・自分の趣味世界のイベントに彼を付き合わせ、趣味仲間を紹介する

注意したいのは、彼の行く先々について行こうとしすぎないこと。また、彼にとって興味のない集まりに無理矢理連れて行くのもやめましょう。彼に負担となる行為は、あなたの元を離れたくなる原因になります。

「共通の友達」は彼にとっても楽しくお付き合いできることが条件です。仲間内で公認の「仲良しカップル」になってしまいましょう。

2. 「浮気したら恐ろしいことが起きる」とちょっぴり脅す

ちょっぴり脅す

たとえば「浮気したら死刑」という法律があったらかなり浮気は防げると思います。しかし、現在の日本にはそのような法律がありません。あったらあったで、それは怖ろしいですね。

でも、お互いの間でルールを決めるのは自由です。普段から「一度でも浮気したら別れる」とか「浮気したら火あぶりにする」みたいなことを「笑顔で」ほのめかしておきましょう。冗談っぽく言うのがコツです。すると、彼は浮気しづらい心理状態になります。

もし直接的な言葉で脅すのが苦手なら、「誰々さん(友達のカップル)は彼の浮気で別れたんだって。当然よね」というふうに、他人の例を持ち出して「浮気に対するスタンス表明」をするのもありです。

くれぐれも「真剣な表情で脅す」のはやめましょう。男性は「束縛される」という恐怖を感じると、癒しを求めて他の女性に走ってしまいます。笑顔で冗談っぽく言うことによって、「普段はにこやかだけど怒らせたら怖い」と思わせることができます。

この方法も、オーソドックスな方法ではありますが、効果は抜群です。ぜひ一度やってみて下さい。

3. 常に彼好みの話のネタを仕入れ、飽きさせない

彼好みのネタを仕入れる

あなたの大好きな彼に浮気させないようにするには、彼の喜びそうな「話のネタ」を常に仕入れることです。そして、いつも一緒に盛り上がりましょう。そうすれば、彼はあなたのことを「最高に相性のいい女性」と思うようになり、「より良い他の女性」に目移りしなくなるでしょう。

彼の追求しているテーマ、はまっている分野の新情報、などが彼を喜ばせます。

男性にとって魅力的な女性とは、自分の「進歩」や「飛躍」に協力的な女性です。会話の内容にしても、自分の役に立つ、新鮮に感じる、といった要素が必要です。

それができない女性はどんなに美人で人格者でも、男性から見て「退屈な女性」です。結果、すぐに飽きられ、浮気されてしまうのです。

彼がこだわっている分野の「ネタ」にいつも敏感でいましょう。あなた自身にとっても勉強になる場合があります。飽きさせない女になって彼の浮気を防ぎましょう。

4. 彼の「自分探し」に助け船を出し続ける

助け船を出し続ける

男性は理想と現実のギャップを感じるとき、「男としての自分を試したい」気持ちで浮気に走ることがあります。いわゆる「自分探し」をしている状態なのです。

このタイプの浮気を防ぐには、彼の「自分探し」に助け船を出し続けることが有効です。どういうことかというと、ひたすら「あげまん役」に徹するということです。それにより、彼はあなたといると理想の自分になれると感じ、他の女性を必要としなくなります。

彼が「上手くいっていなさそう」なとき、徹底して彼をフォローしましょう。上手にフォローするためには、彼の「なりたい自分像」をよく知っておくことです。彼の尊敬する人物(歴史上の人物や大物スターなど)にヒントがあります。そして、こんな言葉が彼への「助け船」になります。

「私から見ればあなたは順調よ」
「他の男性にはないものをもっているわ」
「もう軌道に乗り始めているのだから、あと○○だけできれば完璧じゃない」

この時、彼をコントロールしようと力みすぎてはいけません。あなたの彼への愛に「執着」や「依存」が感じられると、「重い女」になってしまいます。あげまん役とは、彼の世話に全力を注ぐ役ではなく、彼がベストを尽くすために気の利いたサポートをする役のことを言います。

元々、お互いに惹かれて交際に至ったのだと思います。彼の「自分探し」に助け船を出し続ける「あげまん」でい続けることにより、二人のきずなはより強いものになっていきますよ。
いかがでしたでしょうか。よく、「あなた自身が魅力的でいれば浮気されない」なんて言われると思います。もちろん、外見を磨いていつまでも「女でいる」ことも大事です。でも、彼個人の「心に刺さる」アプローチ法を取ると、もっと確実です。ぜひ、普段から意識してみましょう。(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)