2017.8.8

婚活が中々上手く進まないというお悩みの相談を受けることが多くなってきました。今回はそれらの経験を踏まえて婚活に対する大きな誤解について取り上げてみたいと思います。

婚活

 

誤解1:パーティーで出会う

かなりの数のパーティーが頻繁に開催されています。しかしながら、パーティーは少人数で数分の会話だけ、大人数で参加者任せで結局話せずといったようなものがほとんどです。かなり熟れることが求められます。

ただパーティーに参加したからといって出会いが生まれるわけではありません。パーティーで出会えるということ自体が非常にハードルが高くなっています。

 

誤解2:差別化をせずに臨んでもなかなか実らない

婚活をする男性は、若さを重視するタイプと教養や生活力を重視するタイプに大きく分かれます。

例えば、同じ趣味を持つ人たちの婚活であっても、ある時は一番若い女性に集中してしまい、ある時は年上でとても教養のある方に集中してしまうことがあります。いずれにせよ、何かあなた自身が「目立つ」ものを持っていないと、そういった方々に出会いを持って行かれてしまいます。

しっかりとあなたの魅力を明らかにして、それが引き立つような婚活の場に参加する、そういった差別化をしなければ、婚活の成功は遠のいてしまうでしょう。

 

誤解3:短期決戦は難しい

婚活は相手も今後のパートナーを見つけるという意味で慎重になります。そういう意味では、短期的に大きな投資をしてお金と時間を費やしたからといって、必ずしもすぐに成果が出るものではありません。

一方で、良質な出会いを探すためにはある程度の時間とお金をつぎこまないといけない時もあります。そういう意味で、短期決戦ではなく、ある程度中長期の中で、投入するときは時間とお金を投入するといったようにバランスを保っていく必要があります。

集中したから成果が出るというものではない、出会いにはそういう水物の部分があることも理解しておきましょう。

 

おわりに

婚活の機会自体はかなりたくさん増えてきました。一方で、誤解したまま活動を勧めてしまうと中々結果が出ず、理由も分析しづらくなってしまいます。

今回のヒントも参考にしながら、あなたの中の誤解を見つけていきましょう。

お坊さん      恋愛コーチ さとちゃん 合掌

(愛カツ編集部)