lgf01a201407301300
2015.11.24

性別を問わず一目置かれたり、人気はそこそこあるんだけど、
なかなか恋人ができない人っています。
そして、そういうタイプには共通の特徴があるのかもしれません。

やっぱり「すごいなー」と思わせるくらいの人ですから、魅力はあるんですよ。
注目すべきところが何もない、というわけではないでしょう。

でも、そうやって目を向けられる部分は、
必ずしも男性にとって、彼女や奥さんにしたいという魅力ではないんですね。

lgf01a201407301300

日本経済新聞を読んでいる

コレは、実話です。
筆者の男友達が、職場で尊敬する女性上司がいると話してくれたのですが、
彼女は日本経済新聞を購読していて、バッグにはつねに入っているし、
家には興味深い記事をスクラップしたファイルがあったりするんだとか。

でも、その友達は「上司として尊敬するだけ」で、
オンナとしてはまったく見られないとも述べていました。

理由としては、
「日経を購読する女性なんて、ビジネスでしか付き合えないでしょ。
二人きりになっても、堅い話しかしなさそうだし」
だそうです。

プライベートで楽しい関係を築く想像がまったくできないということで、
その女性上司は彼の恋愛対象から完全に外されていました。
また、恋愛に興味なさそうという意見もあります。

仕事をバリバリと頑張っている女性には、日本経済新聞を愛読している人も多いでしょう。
でも、それをひけらかすような態度を取ったり、
バッグからいつも突き出すように入れていたりすると、周囲の男性は一歩引いてしまいそうです。

最近は、スマホアプリで経済ニュースも様々に読めますので、
「ひそかに読んでますよ」というスタンスが、ちょうど良いのかもしれません。

 

ガチでのめり込んでるモノがある

趣味やボランティア活動、自分磨きなど、
恋愛が入り込む隙間もないほど没頭しているものがある女性を、男性は近寄りがたく感じます。
初めは、「そんなに一生懸命に取り組むものがあるんですね」と、
情熱的なところを魅力と捉えたりもしますが、あまりにガチだと引いてしまうんですね。

かつての職場にこんな女性の同僚がいました。
もともとテニスが趣味という人でしたが、好きが高じてアマチュア試合にも出るようになり、
会社から家までの帰りをランニングし始めました。
もちろん、距離は数百メートルでは測れません。
電車でも結構かかる距離を、リュックを背負って走って帰っていました。
本人は、「試合が近いから、もっと体絞りたいんですよねー」と言ってましたが、
周囲は「アノ人、どこ目指してるの?」と首を傾げるばかり……。

当然ながら、その女性は男っ気のない生活を送っていて、
職場の男性も恋愛対象には見れないと言っていました。
本人は、彼氏がほしくて結婚もしたかったようですが、
なかなか難しい状況を自ら作っていたといえます。

 

学歴、職歴がすごすぎる

東大卒の女性がモテないというのは、納得します。
だって、ちょっとしたおしゃべりでも、
「それ、違うでしょ」「そんなことも知らないの?」なんて、
オツムの出来の違いを知らしめられそうですよね……。
男性としては、自分が明らかに下回る女性は敬遠したくなるものです。

そして、肩書きが「部長」「取締役」「社長」という女性も、
男性からすれば近寄りがたい女性でしょう。
自分が太刀打ちできる実績や社会的地位を持っていれば構わないでしょうけど、
優位に立てない女性はやっぱり、一目は置かれても恋愛対象にはならないようです。

 

日経を読んでいる女社長がモテないというわけではありません。
バリバリのキャリアウーマンだって、彼氏が途切れない人がいますから。

大事なのは、男性の自尊心を守ってあげられるかどうか?

「オトコを立てる」意識があれば、どんな肩書を持っていようと、
何にのめり込んでいようと、女性として魅力的だと思われるはずです。

【Photo】paPisc