これって社交辞令?

恋愛に慣れていないためか、男性からの誘いをつい本気にしてしまったことって、ありませんか?

たとえば出会いの場で知り合った男性から、「今度一緒にご飯行こうよ」と誘われて舞い上がっていたのも束の間――。

数日経っても彼からの連絡が一切なく、思い切って連絡を入れてみたら「ごめん、その日都合が悪いから、また今度ね!」なんて返事が。

そんな振り回された経験を持つ女性に向けて、男性からの誘いの本気度を見抜くポイントがないか考えてみました。

これって社交辞令?

出会い後のお礼は、半分が社交辞令!?

相手の気持ちを見抜くことは。なかなか難しいことです。なぜならそれができれば、恋の駆け引きはもっとスムーズに運ぶからです。

恋愛経験を積んでいくと、相手が本気で言っているのか、社交辞令で言っているのか。だんだんと、相手の気持ちを見抜けるようになってくるでしょう。

参考までに、出会いの場で知り合った男性が「今度、一緒にご飯行きましょうか」「良かったら飲みに行きましょうね」というひと言は、大抵は社交辞令だと思っていいと思います。

あくまでもこうした誘いは、場を和ませるための相手への配慮と受け取っておきましょう。

本気なら具体的な日時の話がある!?

社交辞令かどうか見極める

彼の気持ちが本気なら、具体的に「じゃあいつ行く?」なんて誘いがあるでしょう。

「今度の週末はどう?」といったように、肉食系男子ほどグイグイと積極的にアプローチをしてくると思います。そうした誘いを受けるかどうかは、あなた次第――。

たとえ「その日は仕事で……」という場合も、本気度が高い男性ほど「そっかあ。○○日も都合悪い?」と引き下がりづらいでしょう。

相手が草食系タイプなら「じゃあ、俺の都合のいい日がわかったら連絡するね」と、相手にムリをさせず、日を改めてまた連絡が来るはずです。

 

無難なお礼でも本気のケースも

社交辞令かどうか見極める方法

ただ最近は、自分から誘ってこない男性も多いかもしれません。恋愛経験が浅い女性と同じように「自分に自信がないから」「振られたらイヤだから」と、好意があっても無難な連絡を送ってくる男性も。

それこそ「また一緒に飲みに行きましょうね!」、「今日は楽しかったですね。もし良かったら、また話しましょう」とか。一見社交辞令とも取れるお礼も、彼にとっては本気の誘いという可能性もありそうです。

具体的には、いきなり二人きりで誘うのは勇気がいるから、それとなくお礼を言って相手の出方を見るといった具合です。こんな時は、素直に「楽しかったです! 〇〇さんが良かったら、また近々ご飯行きましょう!」と、相手の調子に合わせつつも、好意があることをそれとなく匂わせるといいかもしれませんね。

 

失敗を繰り返しながら恋をしよう

男性によっては、ほかにも出会いを求めていて、あなたはキープという存在で、社交辞令で誘っている人もいます。

彼の気持ちを見抜く一番の方法は、やはり恋愛の場数をこなすこと――。まだ恋愛したばかりで、男性の気持ちがわからない。そんな時は、こうしたポイントで彼の気持ちを見極めてみてください。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)