やっと彼氏ができたと思ったら、実は彼には本命の彼女がいて……。なぜかいつもセカンド扱いの恋愛ばかりということはありませんか?こうしたセカンド扱いを受ける女性にはある特徴があります。そこを攻略する事で彼の本命彼女になれる日がくるはず!本命になれない女性の特徴を挙げてみましょう。

本命になれない女

■言葉遣いやマナーに欠けている

いい大人なのに目上の人に敬語を使えなかったり、言葉遣いが荒かったりする女性は、きちんとした対応をしてもらえない可能性が上がります。本命の彼女というのは、やはり結婚を前提に付き合おうと思っているもの。先々は両親や友人にも紹介することになるので、最低限の言葉遣いや食事マナーができていない女性を紹介できるわけがありません。

■いつも男性の言いなり

いつもセカンドの女の特徴

「遊ぶ場所」「食事する場所」など、予定の全てが彼任せで、意思や意見が全然ない受け身な女性は、男性にとっては都合が良いけれど、刺激や面白みに欠けてしまいます。最初は良くても次第に飽きられてくるでしょう。

男性は女性に甘えられたり、ワガママを言われることが意外と好きなもの。振り回されてやるのは男の器量なのです。また、しっかり意見や考えを伝えられる女性から刺激を受けることも楽しみしています。

■出しゃばりで場をわきまえない女性

男性の一歩後ろを歩くような古風な女性は今どき見ませんが、それでも男性を立ててくれる女性が好まれます。彼の話を聞かずに自分のことばかり話したり、彼の仕事の話に口を挟んできたりする出しゃばりで空気の読めない女性はセカンド止まりでしょう。本命に選ばれるような女性は、やはり場をわきまえて発言し、行動しています。

■なんでも許してあげる

セカンド女の特徴

例えば、デートをドタキャンしても、浮気をしても、何でも許してしまう女性は、男性にとってはただ都合が良いだけで、本気にはなりにくいと言えます。「好きだから許す」ことと、「嫌われたくないから許す」ことは違います。

彼を本当に想っているなら、場合によっては自分の感情をむき出しにするくらいに怒らなければ本気は伝わりません。それに、なんでも許して甘やかすのは母親の役目です。本命の恋人になりたいなら簡単に許してはいけません。

おわりに

「どうしていつもセカンド扱いなんだろう…」と悩んでいる女性は、実は自分の振る舞いに問題があるのかもしれません。いくら彼のことが好きでも、相手のペースに巻き込まれるだけでは本当のあなたを見せることはできません。ずっとセカンド女のままでしょう。

都合が悪い時は断り、きちんと意見することで、あなたを本命彼女として見直す日がくるかもしれませんよ。(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから