「片思いの彼に告白したいのですが、生まれてから1度も告白したことがありません。恥ずかしいからです。奥手女子でも使える告白のしかたを教えてください」
今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

奥手女子が片想いの彼に告白

1:「もし彼氏ができたら」

告白するのが恥ずかしくて、でももう告白せずにはいられない! という状況に置かれた奥手女子の中には、「もしわたしに彼氏ができたら」と前置きをして話をする人がいるそうです。

「もしわたしに彼氏ができたら、週末はずっと彼氏と一緒にいると思う」などと使います。

本当はあなたとつきあって、あなたと一緒にやりたいことなんだけど、というのを「もし」と仮定して、他人ごとのようにつらつらと述べてしまうわけです。

2:彼が断われない状況を作ってみよう!

片想いの彼に告白

告白することに過度に憶病になって「いない」女子は、どんなふうに告白をしているのか?

彼が告白を断れない状況をうまく作ったうえで告白しています。

たとえば、わざと終電を逃して彼とふたりきりになります。この時点で「君、もう遅いから、歩いて帰ってよ」と言う男はいないでしょう(いるのかな?)。

終電を逃し、朝までふたりでいざるをえない状況の中で、彼とマンガ喫茶に行く、もう1軒飲みに行くなどの行為のなかで、しれっと告白しちゃうという方法です。

3:告白=男子に対して「いいこと」をしているという認識を持って!

告白するとなると、当然のように「恥ずかしい」と思ってしまう奥手女子のみなさんは、告白に関する認識をおおきく改めてみてはいかがでしょうか?

ざっくり言えば、好きと言われて悪い気がする人はいない、という認識に改めるのです。

さらに言えば、男子は女子からの告白を待っています。だから「告白=相手にとっていいことをしている」というふうに思うべきなんです。

「いいこと」と思えば、それをするのに躊躇なんてしませんよね?

 4:危機感を持ってみよう!

奥手女子の告白

たとえばあなたが告白するのをいつまでもためらっていた場合、彼をほかの女子に取られてしまうかもしれません。

もし彼がほかの女子とつきあったら……こういう想定で想像してみることです。「そんなの絶対にイヤ!」と腹の底から思えれば、きっとあなたは是が非でも告白するでしょう。

告白って、ホントはこれくらいシンプルなことなんです。「ほしいものをほしいと言える素直さ」が告白です。素直さが出てこないというのは、「まだそこまで彼のことが好きじゃない」ということかもしれません。

おわりに

いかがでしょうか。

ご紹介した方法をうまく使って、ぜひ告白してください。告白なしに、なし崩し的につきあってしまうと、エッチしたあとに「わたしって彼にとって本命なのかな? セフレだと思われているのかな?」と、答えが超出づらい悩みにがんじがらめになってしまいます。

そうなる前に、まずは愛の告白を!(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

家族や友達にも相談してみたけど、この片思いをどうしていいか分からない…。

そんなときは心理カウンセラーなどの専門家に直接相談して解決してみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みを解決します。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから