好きな人と暮らす同棲生活。女子の憧れです。
でもそんなときに問題になるのが彼との家事分担。
どこまで手伝ってもらう? いつお願いする?
そんな悩みを解決する方法をご紹介します。

 

彼が手伝ってくれない理由

言うまでもないことですが、男性は面倒くさがりです。
仕事で疲れていることもあって、
なかなか彼女のやってくれる家事のことまで気が回りません。
家事を何でもしてくれる彼女の場合、
良い彼女だなぁと満足しつつテレビを見ているなんてことも十分ありえるのです。
このままあなたが家事を黙ってやり続ける限り、
彼が家事を手伝ってくれる可能性は低いを言わざるを得ません。

では、どうすればいいのでしょうか?
それは男性心理を理解しながら、家事を手伝ってしまう方向へ導いてあげればいいのです。

 

彼と一緒に家事をしてみる

彼も仕事で疲れているかもしれないけど、それは彼女だって同じ。
まずはそれを理解してもらわなくてはいけません。
自分が家事をするとき、さりげなく彼に、
「一緒にしよう」と声をかけて二人でする楽しいイベントにしてしまいましょう。
洗濯物を干すとき一緒にしてみるとか、
自分がトイレ掃除をしているとき彼にお風呂を掃除してもらうとか。

そして彼が手伝ってくれたときには大げさに褒めてあげましょう。
一緒に家事をすることで彼が苦手な家事のやり方を教えてあげることもできるし、
彼も少しずつ成長していきます。
大切なのは気持ちよく手伝ってもらうこと。
男性はもともと女性より家事が苦手なので、完璧を求めないこと。
思い通りにならなくても長い目で見守ってあげることが大切です。

 

一人での家事もお願いしてみる

彼女が仕事で遅くなるなどの場合に彼に家事を手伝ってもらえると助かりますよね。
一緒に家事をする習慣ができてくると、彼女が困ったときに彼に家事を頼みやすくなります。
そんなときは例えば「今日は仕事で遅くなるから、
ご飯を炊いておいてもらっても良いかな」とお願いしてみましょう。
あくまでも彼にお願いする姿勢が大切です。
ここで彼女が彼に指示するような態度をとると、彼もむっとしてしまうことがあるので要注意です。
ここでも、家事を気持ちよく手伝ってもらうことが大切なのです。

 

彼が自ら手伝ってくれるように

こうして彼に気持ちよく家事を手伝ってもらうことを習慣にすると、
彼もだんだん彼女の家事の大変さが理解できるようになります。
すると彼女がいちいちお願いしなくても、
必要なタイミングで自ら気がついた家事を手伝ってくれるようになるのです。
こうなっても、黙ってこの状況に満足していてはいけません。
必ず「ありがとう」と感謝の気持ちを伝え、家事のできばえを褒めてあげることが大切です。

ここまでの関係性を築き上げることができれば完璧ですね。
お互いに疲れたときや忙しいとき、
さりげなく家事を助け合って同棲生活を楽しんでいけるはずです。

 

おわりに

いかがでしたか?
彼と同棲生活を始めると、家事のやり方など些細な違いが気になることも。
そんなときも怒らず優しく彼に接してあげることが大切です。

男性とはもともと家事が苦手なもの。
細かなことには気がつきにくいのです。
そんなときは感情を表に出さず、褒めてあげることで彼も徐々にやる気を出してくれます。
家事をしてくれない彼に悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから