2017.8.10

愛カツでは、女性が恋人を選ぶときに重視する項目と、結婚相手を選ぶときに重視する項目をそれぞれ調査しました。結果を分析すると、現代の女性がパートナーと一緒に過ごす、生活するのに、どのようなイメージを抱いているかが見えてきます。

①恋人を選ぶときに重視するのは「一緒にいて落ち着く」

読者1555人の回答のうち、最多は「一緒にいて落ち着く」で304人(19.5%)、次いで「話が合う/会話が面白い」の239人(15.4%)でした。以下、「経済力」172人(11.1%)、「顔」の151人(9.7%)と続きます。
反対に重視する人が少なかったのは、「年齢」13人、「知性・知的さ」17人、「趣味が合うか」24人、「身長」27人という結果でした。

恋人を選ぶときには、「一緒にいるときに落ち着く」「会話が面白い」というような、相性や人間性の部分を重視する人が多いです。ただし、「経済力」というお金に関する点や、「顔」も上位に来ることから、人間性はもちろん大事だけれど、一緒に過ごす相手としては、お金も顔も重要、という、女性の本音!? が垣間見える結果となりました。

②結婚相手は「におい」で選ぶ、それはなぜ?

選択肢は恋人に対してと、全く同一で、結婚相手に重視するものを調べたところ、
回答者892人中、最多は……なんと「におい」で196人(22.0%)でした。次いで「一緒にいて落ち着く」178人(20.0%)、「経済力」104人(11.7%)となりました。いっぽう重視する人が少ないのは、「プレゼントのセンスがいい」6人、「学歴」「身長」ともに9人、「年齢」「出自」ともに12人となりました。

 

におい、は意外な結果のように見えますが、実はちゃんとした根拠があります。

人間に限らず哺乳類は、自分に合った異性を見つけるために、無意識のうちに相手の匂いを嗅ぎ分ける力があります。より強い子孫を残すため、女性は本能的に自分と異なる匂いを「いい匂い」と感じるのです。

一般的に人は「自分とより遠く、より異なる遺伝子」を求めます。異なる遺伝子に惹かれるよう、自分と異なる匂いを「いい匂い」と感じるように人は作られているのです。

そんなことを読者の方が知っていたかどうかは分かりませんが、自分が嫌と思う体臭の人と、ずっと一緒に生活するのは耐えがたいですね。

③結婚相手には「3高」と言われたけれど、今の女性が実際に求めているものは?

恋人、結婚相手、両方ともに重視する項目として、
「一緒にいて落ち着く」(恋人1位・結婚相手2位)、「話が合う/会話が面白い」(恋人2位・結婚相手4位)、「経済力」(恋人3位・結婚相手3位)、「尊敬できる」(恋人5位・結婚相手6位)、「優しさ」(恋人6位・結婚相手7位)が挙げられます。

「一緒にいて落ち着く」、「話が合う/会話が面白い」という、相性や人間性の部分と同時に、「経済力」という現実的な生活力。ともに重視される結果となりました。

過去には、結婚相手にふさわしいのは3高(高学歴・高収入・高身長)と世間ではよく言われていましたが、そのうち「学歴」と「身長」については、恋人、結婚相手ともに重要視されていないことも明らかになりました。

今の女性は、学歴や身長という飾りに近いものよりも、「実際に使える」収入を好む、という実益志向が強いのかもしれません。

*
調査結果に、うんうんと納得できる部分と、え?と意外に思う部分、両方あったのではないでしょうか。みなさんは、恋人・結婚相手にそれぞれ何を求めますか?(恋愛結婚学研究所長・新上幸二)

(愛カツ編集部)