2017.8.12

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

「彼とデートしたんですけど、脈ありかナシかを見抜くにはどうしたらいいですか?」

そんなふうに気になってしまう女性は少なくありません。お相手の男性を「素敵!」と思えば、なおさらですよね。

そこで今回は、”デートでバレる彼の脈ありサイン”をお伝えします。

彼からの脈ありサイン

 

1:え?ちょっとこんなところまで?

こんなところまで送る

その女性を気にいるほど、送ってくれます。「できるだけ一緒にいたい」や「良い印象を残したい」という気持ちが働くからです。車の場合は家まで、電車などの公共機関でも、遠回りしてでも同じ路線に乗ってくれたり、ホームまで来てくれるなど。

 

2:あれ?ちょっと緊張している?

少し緊張しているのかな?と感じるような行動をとることも多いです。唇を舐める、照れたような表情をする、そわそわするなど。あなたが彼を見つめていないとき、じっとあなたのことを見つめてくるのもわかりやすいサインです。

 

3:次のデートを約束する

次はこんなことしたいね〜の話題に「いつが大丈夫?」と具体的に話がすすみます。次も会いたいという気持ちから、「予約」したいと思われるからです。奥手な男性の場合はデート当日に次の日程まで決まらないかもしれません。その際も後日、彼から「あの件だけどいつがいい?」というふうにお誘いがあります。

 

4:◯◯つきのお礼メールをくれる

お礼メールをくれる

お礼メールだけならば礼儀で送る男性もいます。しかし、注目すべきはお礼メールの文面に”未来”の要素があるかどうか。例えば、「次はこういうの食べに行きたいですね」といった具体的な未来が盛り込まれているほど脈ありサインと言えます。

 

5:なかなか帰ろうとしない

お茶やお食事がひと段落して、ひとしきりお話しが盛り上がった後も、解散したがらないケース。「ちょっと散歩しませんか?」や「時間が大丈夫なら、もう少しお茶しませんか」といったわかりやすいパターンもありますが、「もう一杯いかがです?」とおかわりを勧めてくるパターンも。

【もう少し一緒にいたい】【別れがたい】のサインです。しかし、なかには「終電を逃してあわよくばカラダの関係を」と狙ってくる不届きな男性もいるので、サインを混同しないように注意しましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

当てはまるサインが多いほど、彼はあなたを恋愛対象として見ていると言えます。デートを重ねていって良い関係を築いてくださいね。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)