男性からすると、興味のない女子からアプローチされると困ります。なぜなら、露骨にNGを出すと周りの人間関係に悪影響があるかもしれないし、そもそも事故みたいなものなのに、自分が面倒に巻き込まれるのは嫌。だから、男性としてはうまく相手女子のガス抜きをしてフェードアウトを狙います。

今回は恋愛対象にならない女子からアプローチされたとき、男性がどんな方法でフェードアウトをしていくのかお伝えします。

 

①恋愛の話を振ってもすぐ話題を変える

「相手が明らかに自分に好意を持っているとわかってて、その気がないときは、恋愛の話をされたらはぐらかす」(25歳・銀行)

これはよくありますね。恋愛の話に巻き込まれると、自分の恋愛話をせざるを得なくなるし、相手から告白をにおわせる話も出てくるから。そうすると、露骨に断るしかなくなってしまう…。でも面倒なことに巻き込まれるのが嫌な男性は、そもそも恋愛話を避けようとします。

さらっと「ふーん」「そうなんだね」と言って、話題を変えられたら、相手にはその気がないと考えたほうがいいでしょう。

 

②他の人を紹介する

「意地が悪いけれど、その気がない相手が恋愛話をしてきたら速攻で他の男を紹介する」(28歳・コンサル)

「自分を恋愛対象にしないでくれ」という男性のメッセージが一番わかりやすいのがこれ。「私、いま彼氏探してるんだ」とか「いい出会いがなくて……」と言いつつ、自分に興味がありそうな相手に対しては、間髪いれず「そしたら合コン組もうか?」とか「良い奴いるから紹介するよ!」と言って、他人を紹介しようとします。それはつまり「俺には寄ってくるな」と言っているのと一緒です。

 

③約束を先送りにする

「断るのはなんか悪いから、予定をひたすら先延ばしにしてフェードアウトをする」(30歳・機械)

これも良くある話です。はっきりと断るのは嫌だから、とりあえず「いいよー」と言っておいて、返事をしない。また女子のほうから予定を催促されたら、「あーごめん、ちょっと忙しくて、またね」と返事をするものの、結局連絡しない。

そうやって自然消滅を狙います。女子からすると「しつこく連絡すると嫌われるかな……」という遠慮の気持ちもあるので、そういう女子の心理を巧みに突いた「汚い」手段ではありますが……。

 

④夜に会わない

「夜は食事代もかかるし、時間もかかるし、おごりたくない。ランチなら安いし。何回かお茶を濁しておけば」(31歳・IT)

とは言え、どうしても女子に会わなければならない状況になったら、奥の手を使います。それは「昼に会う」です(もしくは、お茶をする)。夜に会うと、どうしても恋愛の雰囲気になりやすいので、それを避けるためにランチデートをするのです。

しかも、男性の立場からして、好きでもない子のためにお金と時間を使いたくない。ランチなら全部おごったとしてもたかが知れているし、1時間で終わるのであれば、フェードアウトするやり方としては最適なのです。

 

おわりに

そうやって、他の戦略と組み合わせて使います。

この4つのいずれかに当てはまることをされたら、「ああ、そういうことなんだな」と考えたほうがいいでしょう。どうしても片思いをしていると、自分の都合のいい方向に考えてしまいがちですが、男性は自分の都合のいいように仕掛けてきますので……。(渋谷ひかる/ライター)

(愛カツ編集部)

恋愛相談掲示板

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。恋愛で悩んだそんな時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?

他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから