そろそろ残暑も終わり秋モードに。夏に活躍してくれたシーズンアイテムも衣替えする時期です。お気に入りの夏ファッションアイテムは、正しい手入れと保管をして来年も活躍できるようにしておきましょう。

夏アイテム

 

夏アイテムを正しく保管

そろそろ残暑も終わり秋モードに。夏に活躍してくれたシーズンアイテムも衣替えする時期です。お気に入りの夏ファッションアイテムは、正しい手入れと保管をして来年も活躍できるようにしておきましょう。

 

浴衣のお手入れと保管方法

綿やポリエステルで出来ている浴衣は自宅で洗濯することができます。

浴衣を縦半分に折り、身頃をジャバラ折りにして、水を張った洗面器などの容器で軽く押し洗いします。洗濯ネッ

トに入れて、洗濯機の手洗いコースで洗ってもOK。ただし色落ちしないか事前に確認を。

洗い終えたら軽く水を切ってたたんだ上体のままバスタオルで挟み水気を切ります。

だいたいの水気を切ることができたら、タオルを外し日陰で平干しします。

乾いたら丁寧にたたみ収納します。

 

サンダルのお手入れと保管方法

サンダルに染み付いてしまった指の跡は、衣類用の弱アルカリ性洗剤で拭き取ります。普段からサンダルを履くときは3週間に1回程度拭き取るようにすると跡がつきにくくなります。

指の跡を拭き取ったら水で濡らした布を固く絞り、全体を水拭きします。それでも取れない汚れがある場合は、食器用の中性洗剤を布に含ませて拭きます。

全体の汚れを拭き取ったあとは、風通しの良い場所で保管。靴箱で保管する場合は定期的に扉を開けて風が入るようにします。

革製のサンダルの場合は、皮革製品用クリーナーを使って汚れを拭き、表面は靴用ブラシでブラッシングしてから皮革製品用クリームを柔らかい布にとって表面に塗りツヤを出します。

自然素材や布製など水拭きできないサンダルも、靴用ブラシでブラッシングして汚れを落としましょう。

 

水着のお手入れと保管方法

水着を洗うときは中性洗剤を溶かした水を張った容器の中で軽く押し洗いし、十分にすすいで汚れと洗剤を落とします。パッドも取り出して洗いましょう。

十分にすすいだら手で軽く水気を絞り、直射日光の当たらない場所で陰干し。

干すときは型崩れしないよう、形を整えて干します。ビキニの場合はアンダー部分をピンチにはさんで干し、ワンピースタイプの場合は平干しにします。

保管するときは、高温多湿の場所を避け、カップ部分に柔らかい紙や布を詰めて型崩れしないように収納します。(東雲ほたる/ライター)

(愛カツ編集部)

 

参考文献:新品みたいに長持ち!お手入れの教科書/阿部絢子著

参考URL:ミズノ http://www.mizuno.jp/

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

自分を変えてモテるようになりたい!今の自分からどう変わればいいのか分からない!

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから