2017.9.12

「ポジティブになれ」とは、よく言われるアドバイスですが、ポジティブすぎるとすべてをいい方向に変換してしまうから、加減が必要です。

「それっていいことじゃないの?」と思いますよね。でも、実は男性の立場からすると、ポジティブすぎる女子はコワーイ存在だったのです。いったいどんなところが問題なのでしょう?

 

別れられない

「もうダメみたいだね」と彼が別れ話をしても、ポジティブ女子は「そんなこと言わないの。そんなことよりご飯食べに行こ!」と、話を終わらせて次へ行動を移してしまう。

「別れたい」という真剣な話も「やだーそんな簡単に行かないよぉー」と笑顔。

そして、翌日も普通に連絡。連絡を無視されたとしても、察したりせずまた連絡をします。すぐにリセットされてダメージをまったく受けないのです。

 

遠回しが分からない

ポジティブ女子は、察する・裏を読むという概念がありません。相手の行動や言動をそのまま受け取ってしまいます。

もちろん、悪い意見やイヤな意見も聞くわけですが、深く考えないので傷ついたりしません。「私のためを思って注意してくれた」と思うのです。当然、悪い人にだまされることもあるようですが、だまされたことに気づいていないパターンが多いです。

 

疑いを持たない

恋愛をしているとふっと疑問に思うことがありますよね。「なぜ私ばかり誘っているんだろう」や「なぜみんなに紹介してくれないのかな」といった疑問。彼女たちはまず考えません。

その疑問点を友人に指摘されても「照れ屋だから」「男はそういうもの」と、ポジティブに考え、彼をかばったりします。「相手の気持ちは私とおんなじ」という考えですから。

 

男女分け隔てなく同じ対応

裏表があるわけでもなく、男性の前で態度が変わるわけでもないので、敵はいません。好きな男性以外、男女ともに同じ対応をします。

彼以外にも好かれたいとか、全員にモテたいとかはないので害はないのです。彼にだけ愛されれば満足。悪い人間ではないのです。

彼女たちは、お付き合いが普通の終わりではないことが多いので、そこで見分けることができます。彼が遠くに引っ越した。海外赴任した。病気になって付き合えなくなったなど、突拍子もない理由ですね。

でも多くの優柔不断男子や優しい男子はそのまま押し切られ、そのまま結婚というコースも。
このポジティブ女子、筆者の周りに数人ほどいます。

気の弱い男子や、奥手の男子とあっさり結婚。強引でしたが、結婚はそこまでしないとだめなんだな……と、妙に納得させられました。

細かい機微が分からなくても“明るく尽くす女”ですから、うまくやっているようです。

確かに男子から見ればコワーイ存在かもしれませんが、幸せな彼女たちを見ていると、なにごともポジティブに変換することと、なにごとも気にしないことは、人生において大切なことなのかもしれませんね。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)