2017.9.13

気になっている男子を家に呼べることになったはいいけれど、約束した時間帯が昼間となれば「どうやってムードをつくったらいいの?」と、悩める女子もいるのではないでしょうか。

いちゃいちゃする時間を設けたくても、真っ昼間のデートではなかなか積極的に甘えにくい部分もありますよね。

そこで、真っ昼間からのデートでもいちゃいちゃムーディな時間を演出するおうちデートのコツを2つご紹介します。

おうちデート

 

1:遮光カーテンを仕込んでおく

おうちデートまではこぎつけても真っ昼間からだと、なかなか雰囲気が良くならない!と思うと悶々としますよね。

ふたりで太陽の光を浴びながらテレビを見るだけのデートに終始すれば、ちょっと物足りなさを感じることも。

気になる男子を家に誘うなら、“遮光カーテン”の仕込みはマストです。

最近では明るいカラーの遮光カーテンも豊富ですし、いかにも“部屋を暗くするために準備しました!”にはなりにくいアイテムです。

 

2:ムーディな恋愛映画を自然に準備

おうちデートでは、映画や動画を楽しむ展開にもなりがち。

お笑い番組を見てケラケラ笑い合う時間も素敵だけれど、ムーディにしたいなら恋愛映画を見るのが一番!

でも、DVDだとわざとらしくなりますし、動画チャンネルでも番組を探すのにモタつきがちでちょっと野暮。

あらかじめ、スイッチひとつで再生できるようにセットしておき「そう言えば、観ようと思っていたのがあるんだ~」などと言いつつスタートできれば、準備にモタつかずに済みます。

ただし、あまりにも生々しいシーンが多い恋愛映画をセットしてしまうと「こういう趣味なの?」と誤解されるので、映画のセレクトは慎重に。

 

こんな風に、遮光カーテンとムーディな恋愛映画があれば、昼間からいちゃいちゃする時間を自然につくり出していくコツになります。

気になる男子が遊びにくる日には、さりげなく、でも確実にムードをつくってみてください。(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)