2017.9.22

まったくモテず、片想いにすらならない現状から抜け出すために最初に直すべきことを、12星座別に占います。日常生活の中にある所作を直すことで自信が付き、周りからの評価も高まり、恋愛をする意欲がわいてきます。まさに「どんより女」から「モテ女」へと変化するのです。

●牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

ちょっとしたことではへこたれない強さを見せることで、か弱いだけでない女だとアピールしがちな牡羊座。その行動ははっきり言って「がさつ」。モテるわけもありません。最初にすべきは、足を揃えて姿勢正しく、美しく座ることです。

●牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

牡牛座が思っている「それなりの恰好」ではモテません。まず、最新のファッション雑誌を買ってください。流行のメイクやヘアスタイル、ファッションを研究し実践して。多少鼻につく感じになってもいいので、美意識高い系を目指しましょう。

●双子座(5月21日~6月21日生まれ)

男性慣れしていると自分では思っていますが、実は常に一定の距離感をもって接していて、うわべの付き合いで終わります。男性に限らず誰に対しても、話す時にはちゃんと目を見るようにしましょう。最初は眉間や鼻を見て練習してみて。

●蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

誰かれかまわず世話を焼くのはいいけれど、それは他人の行動が気になっている証拠でもあります。じろじろ相手を見るのは失礼ですし、当然モテません。蟹座の場合、視線を控えることが大切。見ないようにしつつ、気を配る……蟹座ならできるはず。

●獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

自分に対する自信は天下一の獅子座。ファッションもメイクもばっちり! 私ってすごいでしょ?……と尊大な態度や高飛車でいては、非モテからの脱却は無理。まずは、他人を褒めること。特に男性は承認欲求が高いですから、効果てきめんです。

●乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

「でも……」「だって……」と理由をつけたり、「どうせ私なんて」と自分を落とす言葉を連発していては、ネガティブオーラに包まれるだけ。この3大非モテ単語「でも、だって、どうせ」を言わない、と肝に銘じましょう。ビックリするほど明るくなれます。

●天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

男性の前では猫をかぶり、同性の前では豹変する……モテようとした時の天秤座ならではのバランスのとり方ですが、ちゃんとバレています。同性の良いところを、最低でも1人につき1か所見つけて褒めましょう。ぶりっこの汚名がなくなるはず。

●蠍座(10月24日~11月21日生まれ)

自分の身なりに自信を持ちましょう。機会あるごとに鏡で全身を見て、ちゃんとできているなと確認するのです。他人の服装などを嫉妬交じりにチェックする(非モテ行動)くらいなら、自分をチェックしてみて。毎日、自分に合格点を出してあげましょう。

●射手座(11月22日~12月21日生まれ)

ルーズなところが生活に出ていて、モテなくなっている恐れが。部屋を片付けましょう。要らないものは捨ててすっきりさせて。「なんか、だらしがない」という雰囲気がなくなり、人を惹きつけるきちんと感がにじみ出るようになります。

●山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

自分に対する自信のなさからか、カバンの中には「いざという時のために」といろんな物がごちゃごちゃ。どこに何が入っているのか、わからなくなっているカバンを整理しましょう。バッグinバッグを活用して、必要な物をスマートに出せる女になって。

●水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

ユニセックスな魅力を持ち楽しい人の代表である水瓶座ですが、異性として認識されにくく、図らずも非モテに。脱出するには、パンツスタイルをやめてスカートにして。デザインや色合いもフェミニンにチェンジ。女性だとアピールするのです。

●魚座(2月19日~3月20日生まれ)

甘えるのが得意すぎて、何もやらなくなっていませんか? 頼ってばかりいないで、苦手なことでもやってみれば、日常の風景が変わります。ちょっとくらい時間がかかっても、まずは挑戦しましょう。やる気オーラはモテに通じます。

●さいごに

自分の何が非モテの元凶になっているのか、思い至ったでしょうか? 日常のコレを少しずつ変えていくだけで、モテの道へと進めるでしょう。(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)