皆さんは、デートの際にお会計をどう対応していますか?男性に甘えきるのも良いですが、快く少々出している女性も少なくないのではないでしょうか。

女性の社会進出が広がり、男性と同じ程度の収入がある人はもちろん、交際相手男性よりも経済的に潤っている女性だっていますね。

そこでここでは、男性と割勘をする際にどんな対処をしておくと男性に好感を持ってもらえるのか、チェックしていきたいと思います。

男性側から「割り勘で!」って、言いにくいんです…

女性はなにかとご馳走になる場合が多いですよね。しかし、反対に男性はなぜかお支払いの際に頼られがち。本当は、お財布事情が苦しい男性だって、無理をしてお支払いをしているんです。中には、交際費が捻出できず泣く泣く別れたなんていう男性だっているのです。

「高卒で製造業。収入は手取りで月17万くらい。男一人なら別に贅沢もしないし、服とかもそこまで買えないけど暮らしてはいける。でも彼女が出来たらデートしたくなって色々出歩いたらお金が出ていく。食事でも出ていく…。段々と貯金を遣い込むようになり、お金ないとも言えなくて結局別れてしまいました。もっと収入があったら…と悔やんでいます」(20代男性・製造業)

好きだったのに、経済的な苦しさから別れを選んだという男性。自分の収入に悩んでいましたが、このケースでも女性側に気付きがあれば、打開できたのではないでしょうか。男性からは、女性に「割り勘で!」とは言いにくいということをまず知っておきましょう。

もちろん、ごちそうになることは嬉しいですが、男性のことも考えて「割り勘にしようよ」とスッとお財布を出してあげましょう。男性側は内心、すご~くホッとすることでしょう。

たまには自分がご馳走する日を作りましょう!

男性にご馳走になるのが当たり前だと思っている間は、良い関係になれる男性の絶対数が少ないと思ってください。将来的にも、ずっと男性になにもかもお世話になることは難しいですよね。

共働き世帯も多く、家計のお財布が別という家庭も珍しくなくなりました。あなたにも一定以上の収入があり、彼の負担感を減らして気軽にデートを楽しめるようにするためにはあなたも積極的にお財布を出すべきなのです。

「お給料日後だし、今日はご馳走させて!って言ってきてくれたのは、今の彼女がはじめて。申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、正直いってすごく嬉しかった。お互いに、甘えるときは甘える、依存はしないって感じがして…結婚を意識するキッカケになりました」(20代男性・陸運関係)

女性側からの気遣いに、男性はキュン!思いやってくれているのか…と嬉しい気持ちと、デート代を負担させたことでの申し訳なさとで複雑な心境のようです。それでも、お金目当てではないこと、対等な関係でいたいということを示すためにも良策だといえますから、ぜひお会計時に「今日はわたしが!」と言ってみてくださいね。

いつまでも続く関係のために、割り勘は必要なんです

一時的なお付き合いだったら、相手の経済事情まで考えてあげる必要はないでしょう。しかし、これからずっと続けていきたい関係であるならば、相手のお財布にも優しくしていく必要があります。

たまに「おごるよ!」で男性を喜ばせつつ、積極的に割り勘をしていって出費がどちらかに偏ることがないようにしましょう。払う気がないのに財布を出すなんて小細工は一切必要ありません。男性ばかりに負担をかけない、自立し対等な関係を築き上げたい強くて優しい女性になるために、ぜひ「割り勘上手」になりましょう。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)

恋愛相談掲示板

気になる彼をどうやってデートに誘えばいいか分からない、デートで彼に気に入ってもらうにはどうしたらいい?

そんな時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから