いまや、気軽なコミュニケーションとして欠かせない「LINE」。直接話せないことも、LINEでなら言いやすく、メールにくらべて面倒くささもありませんよね。ただ、気軽さにまかせて送りすぎるのは×。では、どんなLINEが男性の心を引き寄せるのでしょう?

 

■文字の分量は同じくらいに

みなさんは、LINEの文字の量を気にしたことはありますか? LINEが実際の会話と異なるのは、必ずしも相手が、リアルタイムで耳を傾けているとは限らないということ。

相手が目の前にいるなら、相槌を入れ、目線や表情を読みながら、会話の量を、無意識に調整できますが、LINEの場合そうはいきませんよね。

ですので、LINEで送る文字の量は、「相手と同じくらい」を意識するのが◎。こちらから一方的な空気になることも、回避することができ、相手に合わせることで、同じペースであることを強調できます。

また、興味のある話題のときに文章が長くなるので、相手の興味も探りやすいですよ。

 

■「お休み」はあえて送らない

「おはよう」や「おやすみ」のメッセージは、親しみが感じられるので、送ったほうがいい気がする方も多いはず。しかし、LINEのやりとりが続いているのであれば、あえて「おやすみ~」のLINEは送らないのがテクニックです。

恋にもっていけるかどうかは、相手が自分のことをどれくらいの時間考えてくれるかにかかっています。そのため、親しげに思える「おやすみ」をいってしまうと、そこからはLINEしませんという合図を送ることになりかねないのです。

ですので、あえて「おやすみ」を言わず、話していた話題が途切れないタイミングでいったん保留にしてしまいましょう。

次の日、「ごめんね! 途中で寝ちゃってて……」と繋げば、次の日もLINEを続けられますし、朝起きてラインが来ていれば、彼への印象も残しやすくなりますよ。

 

■彼に有益な情報を送る

男性が好む会話は、ズバリ「有益な情報がある会話」です。これは、実際の会話でもLINEでも同じこと。女同士で盛り上がりがちな、「聞いて~!」「わかる~!」といった共感できる会話より、情報の内容にこだわる傾向があるのです。

そのため、「このコとLINEしていると、楽しい時間が過ごせる」「興味深い話題を出してくれる」と思わせることが大切!

疲れているときでも、クスっと笑える画像や、おいしかったお店の情報など(時間や距離の情報もあればなおよし)、彼の趣味に関係ありそうな話題を心がけましょう。

毎日送る必要はありませんが、週1や週2など、定期的に送って「お、今日はなにかな?」と思わせることができれば、あなたからのLINEが自然と楽しみになるはずですよ。

 

■おわりに

気になる彼は、あなた意外ともLINEで会話をしています。仕事で疲れているとき、リラックスした休日、楽しいことや嬉しいことがあった日。そんなときに、LINEをしたい人ナンバー1を目指してみてはいかがでしょう?

たくさんLINEをしているという既成事実よりも、その内容が大切。みなさんも、彼の心を引き寄せる手段として、LINEを上手に活用しいってくださいね!(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)