2017.10.12

付き合いだしたものの、彼氏と性格や価値観が合わずに別れを決断することもあります。
相手を傷つけずに別れるためにはどうしたらよいのでしょうか?

彼を傷つけずに別れる

元カレのことが忘れられない

別れを切り出すときは、すっきりとストレートに相手に伝えるのがお互いにスッキリします。
しかし、「嫌いになった」と言ってしまうと、彼氏は傷ついてしまうので、
違う言い方を選びましょう。
付き合いだしたばかりのときは、もしかしたら元カレのことが忘れられずにいるのかもしれません。
そういうときは素直に「元カレのことが忘れられなくて」というのを理由にします。
相手が悪かったとは思わせないようにして、
過去を断ち切れなかった自分の非を主張することが大切です。

 

「あなたには私はもったいない」

彼氏は素晴らしい存在なので、「あなたには私はもったいない」と言って、
別にも素敵な女性がいることを強調しましょう。
とにかく自信が持てないことをアピールして、彼とは付き合えないことをほのめかすのです。
それでも優しい彼氏だと、「そんなことはない」と言いだすかもしれません。
そういうときは一緒にデートをしてみて、
こういうところが違ったと具体的に言ってみるのも一つの手。
しかし、相手を尊重して傷つけない言葉選びに気をつけましょう。

 

嫌われる理由を作る

それでも、彼氏が「君は悪くない」と言ってきて、別れを受け入れてくれなさそうなら、
いっそのこと自分が嫌われるような理由を作ると良いでしょう。
自分がだらしなくて、どうしようもないというところをアピールします。
他に好きな人や気になる人がいる場合は、
「あなたよりも好きかもしれない」と正直に言うのではなく、
「他にも気になっている人がいるから、こんな浮いた気持ちで付き合うのは悪い」と、
自分が悪いからダメだということを伝えるのです。

 

おわりに

彼氏を傷つけたくなかったら、自分が悪くて、
どうしようもなかったというような空気感を作り出せるとよいですね。
最後には「ごめんね」という気持ちとともに、
「短い間だったけど、ありがとう」という感謝の意を伝えると、後腐れなく別れられます。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼に好かれるにはどうしたらいいの?付き合っている彼とうまくいかなくて悩んでます…。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから