男性へのプレゼントって悩みますよね。誕生日、何かの記念日、バレンタイン、クリスマスなどなど、機会はそれなりにありますが、彼との関係性によっても様々ですし、まず、何を貰ったら喜んでもらえるのか・・・。彼の好みもちゃんとリサーチしたいし、予算も渡すタイミングとかも色々考えちゃったりしますよね。

しかし、プレゼントの内容によっては、一気に今の関係性が崩れてしまうこともあるので気を付けたいところ。出来ればもらって嬉しいものをプレゼントしたいですが、それよりも、貰ってドン引きされるプレゼントとは一体どのようなものなのでしょうか!

 

手作りのもの

バレンタインはまあ許せるとして、手作りのお菓子、手作りのマフラー、手作りの洋服などなどは、貰った男性側も「えっ?」って思ってしまう可能性が高いです。

気心知れている仲だったり、付き合う寸前の2人だったらまだわかりますが、手作りのプレゼントはかなり難易度が高い。

例えば、作家さんやアーティストなどで普段からプロとして物作りをしている人とかならわかりますが、その人のためを思って作ったとしても少し「重い・・・」と思われてしまうかのしれません。

 

洋服・アクセサリー

オシャレな人ほど嫌がるプレゼントの1つですね。これは彼女からのプレゼントだとしてもちょっと身に付けるのを躊躇ってしまいます。

彼女が彼を思って選んだものだとしても正直好みのデザインじゃなかったり、アクセサリーも何だか身に付けていると見守られている感じがするというか、「あなたはわたしのもの」みたいな、束縛されている感じもしてしまったり。

特に、付き合ってもいなくて、好きな彼へのプレゼントとしたら洋服やアクセサリーをセレクトするのはちょっと避けたいところですね。

 

お揃いのもの・色違いのもの

こちらも独占欲というか、「あなたはわたしのもの」感が出てしまうプレゼントですね。

例えば、貰って嬉しいなと思う気軽なプレゼントのステーショナリー系とか、コーヒーMUGや食器類とかでも、「私も色違いで買っちゃった〜」とか、「良かったから同じの買っちゃった〜」とか言われると少しギョッとしますよね。

女性同士だと色違いで買ったり、お揃いのコーデをしたりする人たちもいますが、そのノリでやってしまうと、色んな意味に取られて引かれてしまう可能性もあるので要注意。

 

貰ったら嬉しいもの

プレゼントは、貰い手の気持ちも考えて選びたいですね。もし自分が今と同じ関係性で貰ったら・・・と少し客観的に考えて選ぶのも1つの案です。

お酒やコーヒー豆、少し高価なお菓子や食材など、ちょっとしたものでも個性やセンスを見せることも出来るので、想いを込めすぎずにあなたのセンスで選んでみては!

(愛カツ編集部)