実は繊細でまっすぐな男性のハート。男性のプライドについて理解しておくことは、恋愛において大きな武器になります。気になる彼を無意識に傷つけているかも…と考えたら恐ろしいですよね。そこで今回は、男性のプライドを傷つけてしまうワードをご紹介しましょう。

 

男性のセンスを否定する言葉

「いい雰囲気になった女性とのデート。調べまくって選んだお店でのディナーの帰り、『今日のお店、有名なイタリアンのお店を真似してる雰囲気だったよね。この前男友達に連れてってもらったお店が雰囲気も味も最高だったから、今度はそこ行こうよ』と言われ悲しい気持ちに。喜んでもらえなかったこともダメ出しをくらったのもあまりにショックで、自分から誘わなくなりました」(29歳/介護福祉士)

用意してくれたデートプランやお店のマイナス面を伝えるのはNG!男性は、女性を喜ばせてあげられることで自分の価値を認めてられる生き物なのです。「イマイチだった」と思っても心にとどめておきましょう。選んでくれたお店に満足している気持ちを伝えてあげれば、気持ちよくなってまたあなたを連れてってあげたいと思うはず。

 

気にしている外見について

「会社で棚の高い所にある資料を使うことがあるんですが、女性社員は男性に頼むのが普通なんです。ある日僕以外の男性社員が外回りでいなかったとき、事務の女の子が『今頼める人いないじゃん!脚立取ってくるのめんどくさいのにー』と言って自分で資料を取っていました。直接バカにされたわけじゃないし、162㎝しかない僕は明らかに届かない場所だったけど、戦力外通告されたみたいでその場にいるのがほんと辛かったですね」(31歳/SE)

無意識に放った言葉が、男性のハートに刺さることがあります。身長や髪の毛など、努力しても変えられない外見についての言葉は特に気をつけましょう。女性が太っていることや胸がないことを気にするように、男性も外見にコンプレックスを感じているのです。

 

収入で男性を評価するような言葉

「大学時代から5年交際した彼女にフラれた理由は、『将来が見えないから』。僕の収入で家庭を持つことを考えられないと。しばらく引きずっていたら大手の自動車メーカーに就職した他学部の男と付き合っていると聞きました。収入で将来の価値を決められた気がして切なかった。そのあと、年収アップを目指して転職しました」(27歳/印刷業)

収入についてコンプレックスを持っている男性は多いため、他の男性との比較はさらにプライドを傷つけてしまいます。一生懸命働いた結果を否定されるのは、女性であっても悲しいはず。

 

ハートが脆い男性は意外と多く、一度傷つくと長い間そのことについて気にしてしまうよう。好きな男性や彼氏ならなおさら、頑張っている姿や自信をもってやっていることをけなさないように気を付けてくださいね。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから