一つの恋愛が2カ月~半年程度と短いサイクルで終わる女子は、一見モテているようですが、短い恋愛をくりかえしている間にも堅実な女子たちは長く愛し愛される相手をゲットしています。

「長続きする恋愛ってしたことないなあ……」そんな危機感を感じたら、振り返ってみたいポイントをまとめました。

簡単に付き合っていませんか?

クリスマスにひとりはイヤだからと適当な人と過ごしてみたり、「恋人がいないのは恥ずかしいこと」と決めつけて、特に好きでもない人と付き合ってしまうなど、自己都合や建前で付き合い始めてしまう人は恋が続きません。

いままで男性として見たこともないのに、男友達に告白されたら即付き合い、恋の終わりと同時に人間関係も壊してしまうことも。

このタイプは「彼氏のいない女なんてみっともない」という思い込みが激しく、手当り次第になりがち。物足りなさや他のカップルへのうらやましさを感じやすく、イヤな事があるとすぐ破局してしまいます。

自分の性格、分かってますか?

甘えん坊でさびしがりな性格なのに、メールや電話にマメじゃなく、休みの日には恋人よりも趣味を優先するような、そんなタイプを選んでいませんか?

「寂しかったんだもん」と浮気に走る女子にはこんなタイプが多いです。

他にも、記念日に対する考え方をはじめ、生活の中で恋愛にかける比重が近い人を選ばないと恋愛のせいでストレスがたまりがち。

人との距離の取り方の違いが根底にあるので、この辺のギャップは付き合っても埋まることはありません。

高望みしてませんか?

恋愛経験の少ない人に多いのが、付き合う相手の肩書やステイタスへのこだわりや、車やお金を持っていることを条件とするようなバブル思考ともいえる高望み。

テレビの中の恋愛が基準になるなど『こうあるべき』『これくらいしてくれて当然』など理想の恋愛イメージが非現実的なのが特徴。

このタイプは相手を疲れさせ、恋愛が長続きしません。実際の恋人との恋愛が自分の中のイメージと合わないと、勝手に幻滅し、冷めてしまいます。

人に要求するなら自分サイドにもそれなりのステイタスが要求されます。求めてばかりの面倒くさい女にならないように注意!

彼に何でも話してませんか?

大好きな恋人には隠し事なんかしない。私のことはすべて受け入れてくれるはず。そう思うのももっともですが、過剰な露出は相手を飽きさせる原因です。

嘘と隠し事は違います。自分はさらけ出して楽になれても、相手には負担を与えたり、気分をなえさせることもあります。

「本当の私を見てほしい」などと、付き合いの浅いうちから過去の恋愛などヘビーな話まで共有するのはやめましょう。

頭の切り替え、出来てますか?

短期の恋愛を繰り返す人に多いのが「昔は昔、今は今」と頭を切り替えることができないタイプ。

以前、男にだまされたりすぐ冷められた経験があっても、今の恋人はその人とは別人だと割り切れていますか?

気持ちを切り替えることができず、「また裏切られるのでは?」「また嫌われるのでは?」という恐れがあると、行動がわざとらしくなったり疑り深くなったり、相手をうんざりさせてしまいます。

「男ってみんなそうなんでしょ?」という思い込みは恋の終わりを早めます。

おわりに

悪いコじゃなくても、男性の気持ちを冷ます行動をピンポイントでやってしまうと、恋がすぐ終わることに。

「恋愛ってこう」という思い込みを捨てるのが落ち着いた恋愛への近道かも。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)