付き合っていた彼氏に別れ話を切り出すのはかなり勇気がいりますよね。

それも、彼氏がストーカー気質や日常的にモラハラをしてくるような“地雷男”だった場合はなおさら…。

彼との別れを決意し、新しい生活を手に入れようと気持ちを入れ替えたとき、すんなり別れさせてくれない、別れた後に嫌がらせをしてくるなど、別れた後がさらに厄介な“地雷男”の特徴を確認していきましょう。

ナルシスト・自信過剰

自分のことを好きだと堂々と言える人はステキですよね。

しかし、その気持ちが大きければ大きいほどプライドが高く、彼女にフラれたという事実に向き合えなくなってしまうのです。

そのため、別れた後にあることないこと周りに言いまわるなど、あなたをおとしめるような行動を取る可能性もあります。

「俺はかっこいい」、「フラれるわけがない」という自信が、フラれた腹いせをしてしまう原因となってしまうのですね。

自分大好きなナルシストや自信過剰な男性と別れるときには、全面的に彼に非があるという理由は言わないようにするなど、言葉を選んだ方が賢明なのかもしれませんよ。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない男性は、付き合っている女性に依存してしまう傾向にあります。

良く言えばそれだけあなたのことが好きだということになりますが、あまりに度が過ぎてしまうといつまでも別れた彼女のことが忘れられず、ストーカーまがいな行動へと繋がってしまうのです。

SNSを頻繁にチェックしたり、プライベートを付け回したり、自分が近くで見ているということを彼女にわかるようにしておくなど、女性が怖がるようなことで自分の存在をアピールしてしまうのですね。

このような男性には、突き放す言い方ではなくきちんと別れたい理由を述べてお互い納得した上で別れるのが理想的。

突然「あなたとはもう付き合えない」と一方的にシャットダウンすることはしないようにしましょう。

外面が良い

外で良い顔をする男性は、家の中や心を許している相手に対して自分の気持ちを我慢をしない傾向にあります。

そのため、モラハラへと繋がってしまう可能性があるのです。

「お前は俺がいないと何もできない」、「お前が別れ話なんてするから仕事でミスをした」など、人格そのものを否定し、すべての責任を彼女に押し付けてしまうのですね。

そんな男性には、「あなたのモラハラな態度に嫌気がさして別れたい」と伝えたとしても、自分が悪いということを自覚していないため、あなたの気持ちは全く通じません。

逆に、「こんな態度を取らせるのはお前に責任があるんだ」と逆切れされてしまうことも…。

別れた後に「やっぱりお前がいないと俺はやっていけない」、「お前の大切さがようやく分かった」と反省している態度を見せてきたとしても、それはあなたを手に入れるまでの間だけ。

1度ヨリを戻してしまうと、いつまで経っても別れられないということになりかねませんよ。

おわりに

いかがでしたか?

付き合っているときより、別れた後の方が厄介だという“地雷男”は意外と多くいるもの。

できれば付き合う前に相手の男性がそれに当てはまるかどうかを見極めたいものですが、それが難しいというのもまた事実。

それなら、別れるときにしっかり縁を切れるよう、相手によって別れ方を変えていくのが良いのかもしれません。

時には第三者に協力してもらうということも必要かもしれませんよ。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)