友達だと思っていた男性から「内緒で付き合おうよ」と言われたら、あなただったらどんな気持ちになるでしょうか。周囲に言いふらしたくない理由について気になる方もいることと思います。

そこで今回は、実際に20~40代の男性計20人に「内緒で付き合おうというのはナゼ?」という質問をぶつけてみました。

それをランキング方式にしてご紹介します!悲しくなるような、複雑になるような思いになる男性のホンネを、チェックしていきましょう!

1位(9人)…本命の子が別にいるから

女性の敵!ともいえる意見が圧倒的多数を占めてしまいました。本命の子にバレたくないから、内緒で付き合おう…という理由を挙げた人が、約半数となりました。そもそも、本命の子がいながら、どうしてほかの女性に声をかけるのかも疑問です。それをさらに伺ってみると、とんでもない答えが!

「本命の子を落とすまでのつなぎ」(20代男性・会社員)
「1番好きな子とはまだ恋仲になれていないときに、2番目に好きだなって思った子に告白します。内緒にしておけば、1番好きな子と仲良くなったときに別れれば誰にもバレないです」(30代男性・会計士)

本命の子とはまだ恋仲になっていない…けれど、恋人がいないとものさびしい…そんな気持ちを埋めるための“間女”として告白をしているというのです。もちろん、周囲にバレてしまっては本命の子への思いが永遠に叶わなくなってしまうため、周囲には一切知らせずに…ということでした。さらに、女性からは最悪な経験談が届いています!

「内緒で付き合おうっていってくれた上司。実は既婚者で、子どももいる人でした。内緒にしてかなければ付き合えないと、バレたあとは逆ギレしてくる始末。ここまでバカにされたのは初めてで、職場の本当に信頼できる女性の上司に相談しました。内緒って男には要注意です」(20代女性・公務員)

内緒で付き合おうといってきた男性、実は既婚者だったというお話しです。もしも内緒で付き合おうといわれたら、既婚者ではないかどうかを一度確認しておく必要が出てきましたね。

2位(5人)…不仲になったときに周囲への説明がいらないから

交際に発展したとしても、そのままゴールインできるかどうかといえば違います。たくさんの出会いと別れを経験して、そして生涯のパートナーを見つけるわけですから、不仲になってしまう恋もあることでしょう。そんなときの保険として、内緒にしておきたいというネガティブな意見が第2位となってしまいました。

「別れたときに、なんで別れたのかとか周りに聞かれてもダルい。だからいちいち付き合ったとか言いたくない」(20代男性・製造業)
「仲良くいっているときはいいけど、不仲になってしまうと友達としてのコミュニティも壊れる。だから内緒でつきあっていたほうがいい」(20代男性・大学院生)

付き合うときから、別れてしまったときのことを考えてしまうとは、なんだか悲しいですよね。複雑な事情も、別れることになった理由も、自分で受け止めるべきこと。ただ、周囲からなにかといわれるのがイヤだという人と、友達に戻れなくなることでサークルなどのコミュニティにも加われなくなるということを危惧している人がいることがわかりました。

3位(2人)…交際を周囲に知られたら恥ずかしいから

正統派の意見ともいえる「恥ずかしいから」という理由を述べたのは、わずか2人の方だけでした。交際をしていることがバレたら、周囲から茶化されるという人と、周囲が結婚を期待していてプレッシャーを与えられるのがイヤという意見でした。

「周囲から、どこに行ったとか、なにをしたとか、聞かれるのがイヤです。結婚するってときまでは、自分からは交際については言わないと思います」(30代男性・IT関係)
「この歳だと、特に家族が気にしていて、結婚しろ結婚しろうるさい。彼女が出来たとバレたら、結婚についてよりうるさくなると思うので、内緒で愛を育みたい」(40代男性・メンテナンス業)

確かに、周囲にバレることによって恥ずかしい思いをすることは増えますよね。でも、それに耐えて愛を育ててこその結婚が見えてくるはず。ここは堂々としていただきたいところですね。

おわりに

いかがでしたか?

なんとも不届き者の意見が目立つ結果となってしまいました。内緒で…とにおわせてきた男性については、信じ切ってしまわずに一度冷静に見極める必要がありそうです。

皆さんもどうか、お気をつけて!(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから