2017.11.6

彼から思いがけない別れの言葉で決別を促されたことはないでしょうか?その最も多い別れの理由に、“他に好きな人ができた”という言葉があります。まさにどん底に突き落とされるような言葉ですよね。果たしてこの“他に好きな人ができた”は本当なのでしょうか?男性の心理を検証します。

 

■本当の理由を告げるのが面倒

別れる理由が他にあるけれど、まわりくどく話してしまいそうだし、とうてい理解されにくいという難しいさがある場合、例えば、「遠距離恋愛に疲れた」「趣味だけに没頭するには恋人が邪魔」などが挙げられるかもしれません。

そんな時に「他に好きな子ができた」は単純明快で使いやすいようです。言い放った彼が悪者になるのは分かりきっていても、そこまでして別れたいという強い気持ちがあるのでしょう。自分に未練を持って欲しくないし、追いかけられたくないからいっそ嫌って欲しいというのが彼の本心です。

 

■気持ちを試しているのかも…

“他に好きな人ができた”と言って、あなたが追いかけてきてくれることを期待し、試されているのかもしれません。倦怠期のカップルに多いパターンです。この言葉によって「他の女性に彼をとられたくない!」「自分を磨こう!」「彼を渡さない!」など、マンネリ化した恋愛のスパイスになったりも。

そんな理由で使うのであれば、彼は賭けをしているようなものです。真に受けた女性側からそのまま「別れましょう」という羽目になることも…。もし彼に他の女性の影がないのであれば、彼があなたを試す目的という可能性が高いです。考え方を変えれば、「あなたから追いかけられたい」、「また昔みたいな時間を取り戻したい!」という彼なりの切ない思いも感じられますね。

 

■男性のプライドをかけた別れ方をしたい時

男性のほとんどはプライドが高く、フラれるのを「カッコ悪い」と思っています。2人の関係がギクシャクして、どちらが別れを切り出してもおかしくない状況の時や、あなたに他の男性の影がチラつきはじめて、自分がフラれるのではないか?と危機を感じたときに、「他に好きな子ができた」と先に言ってしまうのでしょう。

それはあなたへの当てつけだったり、恋愛に勝利したいとか、フるのは良いけどフラれるのは許されないという男性のプライドからなのです。

 

■おわりに

男女が別れる理由は様々ですが、最も言われたくないのが「他に好きな人ができた」ではないでしょうか。

恋人がいながら、他の女性に目移りし、浮気を通り越して本気になってしまった彼やその相手女性を恨んでしまいますよね。

でも、解説した通り、本心ではないことも多くあります。彼の本当の心を確かめながら、別れを受け止めるのか、または自分を磨いて彼を引きとめるのかを考えてみましょう。(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから