振ったのを後悔する男

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。
つきあっている彼からの連絡が少しずつ減っていき、なぜか会えないことが増えてきた……。そんな状況ですと「もしや自然消滅を狙われている?」と、不安になってしまうもの。

別れたいならハッキリ言えばいいのにと思う女性に対し、音信不通や自然消滅で“別れたこと”にしてしまう男性は少なくありません。なぜそんな別れを選択するのでしょうか。

今回は“自然消滅をする男性の本音5つ”をご紹介します。

振ったのを後悔する男

■1、面倒を避けたい

別れ話というのは、気が重いものです。彼女とモメそうなとき、縋られそうなときなら尚更のこと。「別れたいのを察してくれたらラッキー」という、面倒なことや厄介ごとを避けたいという『逃げ』や『後回し』の意識です。

■2、別れたいかわからない

自分の心情を濃やかに把握している男性は少ないもの。「会いたいと思えないが、今すぐ別れたいかと問われれば、別れたいわけでもない」という、どっちつかずの中途半端な状態です。こういった場合、「もう少し日にちが経てばハッキリわかるかも。あとで考えよう」と決断を伸ばしてしまうため、時間だけがどんどん経過してしまい自然消滅に繋がります。

■3、また好きになるかもしれない

「今は彼女に対して気持ちが盛り上がらないけれど、しばらくしたら好きな気持ちが戻るかも」と、様子を見ているケースです。多忙や体調不良など、彼自身が大変な状況で余裕がない時に起こりやすいです。

■4、気持ちが完全に冷め切っている

会うことはもちろん、連絡する時間も作りたくないほど冷め切ってしまっている場合です。大きなケンカやダメ出しやヒステリーなどを繰り返すと、彼が心底疲れ「LINEすら開封したくない……」と自然消滅のような別れに。

■5、他に気になる女性ができた

他に気になる女性ができ、そちらに優先順位がうつってしまったパターンです。心変わりをしたことを打ち明ける勇気がなく、逃げるように自然消滅に持ち込みます。なかには、新しい女性とうまくいかなかったときのための保険として、別れずにキープしておく男性も存在します。

■おわりに

いかがでしたか?

自然消滅で恋が終わった場合、気持ちの区切りがつかずに苦しいですよね。逃げグセがある男性の可能性が高いため、思い切って自分から「さようなら」と送って気持ちに区切りをつけるのもオススメです。

(森野ひなた/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから